神奈川県のホテル

ホテルニューグランド宿泊記「タワープレミアツイン」

更新日:

■2012年10月宿泊

Check In

1927年(昭和2年)に開業したクラシックホテル「ホテルニューグランド」は横浜・山下公園や氷川丸の正面に位置しています。最寄り駅は地下鉄みなとみらい線の元町・中華街駅。

ニューグランド_外観

ホテルの公式サイトによると「1番出口より徒歩1分」とのことですが、改札から1番出口までは結構な距離があって地下道をかなり歩きます。雨の日はまだしも、そうでなければ4番出口を出て街路を歩いた方が楽しい。

ニューグランド_外観

ニューグランド_外観

ニューグランド_外観

ホテルの建物は歴史ある本館と1991年に建てられたタワー館の2棟。海岸通りに面する本館のエントランスは屋根が歩道までせり出してして映画や海外ドラマでよく見かける高級ホテルのよう。

ここに威厳を感じさせる制服姿のドアマンが立っていたら絵になるのに、残念ながら今は不在でただの「出入口」と化しています。

ニューグランド_大階段

エントランスを抜けると正面には数多くの作品が撮影されてきた大階段があります。

ニューグランド_本館ロビー

ニューグランド_本館ロビー

ニューグランド_本館ロビー

歴史を感じながら青い絨毯を上がると2階は重厚でクラシカルなロビー。1階が非常に狭いだけにとても広く感じます。このホテルを訪れたならば必見のスポットです。

ニューグランド_パティオ

中庭は上品な庭園のよう。館内のレストラン「イル・ジャルディーノ」やラウンジ「ラ・テラス」から望むことができます。

ニューグランド_タワー館

庭園からタワー館を見上げると本館とのギャップがすごい。

ニューグランド_アーケード

フロントはタワー館に設けられ、本館とは天井の低い廊下で接続しています。

ニューグランド_タワー館エントランス

そのタワー館は趣を全く感じさせない無機質な外観。エントランスにはドアマンが常駐しているものの味気ないデザインで高級感はありません。

ニューグランド_タワー館ロビー

フロント前のロビーに飾られた生花とキャンドルを模したシャンデリアが高級ホテルらしさを感じさせる唯一のポイント。

小さなカウンターで行ったチェックインの手続きはスムーズに完了。ベルスタッフは全員出払っていて待つこと5分、やってきたベルガールはキビキビとした動きだったけれど、最初っから荷物を持とうとしないのはベルとしてどうかと思います。

ニューグランド_タワー館エレベーターホール

エントランス脇にあるエレベーターは3基。小さなカゴの床は大理石で壁は明るい木目調と上品な造り。でもメンテナンスはイマイチでメッキが剥がれまくりです。ルームキーはクラシックホテルらしくシリンダーキー。

15~17階の「エグゼクティブフロア」にはそのルームキーを鍵穴に差し込まないと停止しません。

客室階のエレベーターホールはやけに細長い造りで驚きますが、カゴと同じく上品で暖かみのあるデザインです。

ニューグランド_タワー館客室階廊下

ニューグランド_タワー館客室階廊下

■一休.com:ホテルニューグランド宿泊プラン■

Room

ニューグランド_タワープレミアツイン

今回の部屋はタワー館15階の「タワープレミアツイン」。客室の広さは32㎡とやや狭い。室内は暖色系で統一され、アクセントになるようなカラーはほとんどありません。

ニューグランド_ティーセット

クローゼットの扉はミラー張りで中はガラガラ。使い捨てスリッパは薄っぺらいもの。隣にはティーセット。

ニューグランド_冷蔵庫

ウイスキーやスナックは冷蔵庫に入れられていますが、それでも私物を入れておくスペースは十分。エグゼクティブフロアといえどもミネラルウォーターは有料です。

ニューグランド_ラゲッジ台

ラゲッジ台は床と同じカーペット張り。引き出しに収納されたパジャマはワンピースタイプで肌触りの良いワッフル地。

ニューグランド_ライティングデスク

ライティングデスクは横長タイプで奥行きはソコソコ。レザーマットが敷かれているので使い勝手はなかなか良好。でもチェアは革製のディレクターズチェアみたいな薄い座面で長時間のデスクワークには不向き。しかもデスクと高さが合っていないにも関わらず調整できないのは勘弁してほしい。

ニューグランド_ライティングデスク

インターネット接続は無料。ただしコンセントは液晶テレビ「日立製Wooo W32-H9000」近くに1つ余っているだけでかなり不便。この客室は全体的にコンセントが少ないので要注意。

ニューグランド_アームチェア

窓際にはゆったりとしたアームチェアが2脚と大理石の丸テーブル。チェアの座り心地は悪くないけれど、肘掛け部分のカバーがブラブラしているのが気になります。

ニューグランド_ベッド

ベッドは110cm幅で日本ベッド製「Silky Pocket」のレギュラータイプ。マットレスに不満は無いのに、シーツはザラザラ感が強くてイマイチ。ナイトテーブルは中央に1台。このトップも大理石張り。コンセントが無いため使い勝手は悪く、照明の一括コントロールもできません。
ターンダウンは無く、朝刊も配られませんでした。

■一休.com:ホテルニューグランド宿泊プラン■

Bath Room

ニューグランド_シンク

シンクはバスルームの外に設けられています。トップはこれまた大理石張りでサイズは少し小さめ。棚や引き出しが無いのでちょっとゴチャついていますね。

ニューグランド_アメニティ

シャンプー類は「リーガロイヤルホテル東京」などと同じスーパーマイルドシリーズ。バブルバスも用意されています。タオルやバスローブは劣化が顕著で肌触りはゴワゴワ。

ニューグランド_バスルーム

バスルームの床は大理石で壁はタイル張り。このバスルームはバスタブと便器がほとんど密着していてとにかく狭い。まるで「風呂場に便器が置いてある」ような印象を受けます。シンクが外にあるのは便利かもしれないけれど、肝心のバスルームがここまで狭いとマイナス効果の方が大きく、長時間くつろぐ気にはとてもなれません。

バスタブは寝そべるタイプで長さは十分。シャワーはハンドとヘッドの2つあるものの共に水圧は今ひとつ。

■一休.com:ホテルニューグランド宿泊プラン■

View

ニューグランド_夜景

窓はかなり大きくて外にはバルコニー付き。でも非常用のため施錠されていてバルコニーに出ることや外気を取り入れることはできません。こんなに海が近いのに残念ですね。

カーテンはストライプのドレープとレース。そのうちドレープはナイトパネルで操作する電動式。

今回の部屋は観覧車やホテル群を望むみなとみらい側。あいにく天気が悪かった上に窓が汚れていて眺望は楽しめませんでした。また、みなとみらいまではやや距離があるのと、隣接する「ホテルモントレ横浜(旧ザ・ホテルヨコハマ)」が視界を少し遮ります。

■一休.com:ホテルニューグランド宿泊プラン■

Club Lounge

ニューグランド_クラブラウンジ入口

ニューグランド_クラブラウンジ

エグゼクティブフロアに宿泊時は16階のマリンタワー側に設置されたクラブラウンジ「The Club」を利用できます。以前はこのラウンジで朝食やアルコール類の提供が行われていたようですが、現在は10:00~18:00に完全セルフ形式でドリンクが飲めるだけ。しかもそのドリンクはコーヒーと紅茶だけでソフトドリンクすら置いていません。その点では「ホテルアソシア新横浜」の宿泊者用ラウンジの方がマシ。

ここは「札幌パークホテル」のそれと同じくフリースペースというレベルのラウンジで利用価値はあまり無い印象。スタッフを見かけたことは一度も無く、主のいないコンシェルジュデスクが哀しい。

■一休.com:ホテルニューグランド宿泊プラン■

Breakfast

朝食はタワー館5階の「ル・ノルマンディ」か本館5階の「たん熊北店」で提供されています。ルームサービスの「アメリカンブレックファースト」は2,940円。エッグベネディクトはアラカルトでも取り扱い無し。

当ホテルのメインダイニングである「ル・ノルマンディ」は豪華客船のデッキをイメージした内装で天井が非常に高く、カーペットは鮮やかなブルー。山下公園側とみなとみらい側の二面が大きなガラス張りで見晴らしは大変良い。朝食時でもテーブルクロスがきっちり敷かれ、スタッフは黒服姿。ラグジュアリーな朝食を楽しめる条件が揃っているのに、料理はビュッフェ。しかもこの日は年配の団体客と重なってしまい騒がしく残念無念。

品揃えも冷製・温製共に特筆すべき物は無く、目の前で卵料理を調理してくれるサービスもありません。味もこれといって印象に残らず。

■一休.com:ホテルニューグランド宿泊プラン■

Impression

山下公園や中華街にほど近く、横浜観光には便利な立地です。みなとみらい線の開通によりアクセスも改善されました。

確かに本館はクラシックホテルのムードたっぷりで一見の価値あり。でもそれは日帰りか本館に宿泊すれば味わえるので、情緒の無いタワー館を選ぶ理由にはなりません。同程度の料金ならば「横浜ベイホテル東急」の方がおすすめです。

また、サービス面でも疑問に感じる対応が多く、老舗ホテルらしい暖かみのある接客とは言えません。特にアイロンを借りようとしたら「1時間の制限つき」と言われたのはびっくりしました。

ホテルの公式サイトはかなりショボく、客室に関する情報量が少ないのも不満。博物館ではなく現役のホテルなんだから、「マッカーサーが…」と声高に歴史を語るよりも、現在の情報をもっと充実させてほしい。

■ホテル宿泊記一覧

■一休.com:ホテルニューグランド宿泊プランを探す

■一休.comレストラン予約:ル・ノルマンディ(フランス料理)

■一休.comレストラン予約:イル・ジャルディーノ(イタリア料理)

■一休.comレストラン予約:横浜市内のレストランを探す

■食べログ予約:横浜市のレストランを探す

ホテルニューグランド
〒231-8520 横浜市中区山下町10番地
TEL045-681-1841
チェックイン15:00 チェックアウト11:00

PR

関連記事

-神奈川県のホテル
-, , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.