長崎県のホテル

ルークプラザホテル宿泊記「プレミアムツインハーバービュー」

更新日:

■2016年12月宿泊

Check In

「ルークプラザホテル」は長崎夜景の名所として名高い稲佐山の中腹に建っています。森の中に建っているリゾートホテルというイメージでしたが、当ホテルの周囲は住宅地で「ガーデンテラス長崎 ホテル&リゾート」や「大江戸温泉物語」などホテルも多いです。

ルークプラザ_外観

湾の対岸から見る稲佐山、中央の緑屋根が当ホテルです。

ルークプラザ_外観

長崎駅からは送迎バスが1時間ごと(週末は30分ごと)に運行されています。タクシーの場合は1,500円弱です。

この日、送迎バスで正面玄関に着くとホテルのスタッフが待機していてフロントまで案内してくれました。

ルークプラザ_ロビー

ルークプラザ_ロビー

大理石が敷き詰められたロビーは広々としていて、シャンデリアやグランドピアノが設置されたゴージャスな造り。

ルークプラザ_ロビー

フロントは旅館の帳場のようなカウンター。スペースは十分にあるのだから座ってチェックインする形式にすれば良いのに。

バスからの到着客が多かったせいもあって手続きは必要最低限なもので淡々と行われました。

ルームキーはオーバル形のキーホルダーがついたディンプルキー。ベルサービスは行なわれていないので単独で客室へ。

ルークプラザ_エレベーターホール

エレベーターホールはロビーのずっと先にああります。目立たない場所ですが、やたらと広くて生花も飾られています。

カゴは3基。スピードがとても遅くて待たされることもしばしば。

ルークプラザ_エレベーターホール

客室は6〜8階の3フロアに設けられ、今回アサインされたのは最上階の8階。この8階には朝食会場となる宴会場が併設されていて、客室エリアとはドアで仕切られています。

ただし、宴席のタイミングによってはエレベーターホールが騒がしくなりそうであまり好ましい造りとは言えません。

ルークプラザ_エレベーターホール

このフロアのエレベーターホールは洒落たデザインで、オードリー・ヘップバーンのポスターと映写機が飾られています。

ルークプラザ_廊下

廊下は一直線で暗いけれど、ところどこに天窓があって陽が差し込む造り。客室の一方は夜景を望む海側、反対側は「ガーデンビュー」となります。客室のドアにはドアスコープがありません。

ルークプラザホテルのお得な宿泊プランを探す



Room

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

今回の部屋は「プレミアムツインハーバービュー」。当ホテルの客室はツインか和室のみでダブルベッドの部屋はありません。
天井高は2.52mとやや物足りないものの、面積は37㎡と十分な広さ。室内はシンプルなデザインでベッドサイドのワイン色が特徴的。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

廊下部分には大きな楕円形の姿見が設置されています。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

クローゼットはコンパクトなもの。使い捨てスリッパとリセッシュがあるものの、ハンガーは4本だけでセーフティボックスは無い。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

ティーセットは煎茶のティーバッグが2つだけと寂しい。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

テレビは東芝製「REGZA 32A8000」。その下は2段のチェスト。こうした家具はすべてデザインが統一されていますが、随所に傷が目立ちます。

ルークプラザ_プレミアムハーバービューテレビ横のアーモアは冷蔵庫を収納。サイズがあっておらず、もっと小さなアーモアで十分だったはず。冷蔵庫は韓国の大宇電子製で作動音がちょっとうるさいです。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

ライティングデスクは幅117cm×奥行き57cmと十分な面積を持ち、トップにはガラスがはめ込まれています。ただし、シェード型のデスクスタンドはパワー不足なのが残念。

また後付けのOAタップが置かれていますが、その先をたどっていくと見事なくらいのタコ足配線で心配。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー窓際には大きめのソファが置かれています。壁から離して設置されているのは、これが背もたれが後ろに倒れるソファベッドだから。座り心地はもちろん今ひとつ。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

ベッドは122cm幅のフランスベッド製マットレス「Hotel Bed」。固くて固くて苦手なマットレスの一つ。掛け布団も薄っぺらいタイプだし、床に触れているベッドメイキングもいかがなものかと思う。

ナイトテーブルは中央に1台。大きさは十分だけどコンセントはありません。

ルームサービスは18:00〜23:00の間のみ。メニューはビーフカレー(1,144円)、牛カルビ丼(1,144円)、お茶漬け(858円)、うどん(858円)、角煮まんじゅう(429円)の5種類のみでドリンクやスイーツなどは無い。また、朝食の取り扱いもありません。

ルークプラザホテルのお得な宿泊プランを探す



Bath Room

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

バスルームは3.4m×1.6mと広くて壁・床ともにタイル張り。ただし、シンク・便座・バスタブが同居している昔ながらのタイプで高級感はありません。

シンクは広々としていて使いやすいけれど、ドライヤーは壁にくっついている貧弱なタイプ。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

アメニティは歯ブラシ、コットンセット、スポンジ、ひげそり、ヘアブラシ、以上!シャンプー類はpola製のアロマエッセゴールド。タオル類もフェイスタオルとバスタオルが1枚づつという少なさ。

このあたりは夜景をウリにしているシティリゾートの割にビジネスホテル以下の水準です。

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

シンクと便座&バスタブの間には仕切りがありますが、どうせならバスタブと便座の間に仕切りを設置して、バスタブから便座を見えないようにしてほしかった。

バスタブの長さは十分ながら深さが無く、寝そべるタイプです。シャワーカーテンはペラペラでチープなもの。

シャワーはハンドシャワーと上部に固定されたものの2つ。水圧はかなり低い上に温度調整が困難でストレスが溜まります。

ルークプラザホテルのお得な宿泊プランを探す

View

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

ルークプラザ_プレミアムハーバービュー

今回の部屋は「プレミアムハーバービュー」という当ホテルで一番夜景が綺麗に見える客室タイプ。この稲佐山からの夜景は「世界新三大夜景」に選ばれていると聞いてかなり期待していました。

7階以下の客室は大きな一枚窓なのに、この8階だけは幅90cm程の窓2枚に分かれているため、迫力が減っているのは残念。

この日は特に天気が悪いわけでは無かったにも関わらず、夜景は正直言って期待外れでした。対岸の繁華街は迫力がありますが少し距離があるし、坂道に連なる住宅街の明かりはさほどでもなく、特に当ホテルが建つ稲佐山地域はさみしいもの。

おまけに、ホテル正面玄関に設置されたライトがパワフルすぎて夜景を邪魔しています。稲佐山の展望台からはもっと綺麗なのでしょうか。

ルークプラザホテルのお得な宿泊プランを探す



Breakfast

朝食は今回の客室と同じ8階にある宴会場で提供される和洋ビュッフェ。

会場は天井が低く、床はフローリング。隣席との間隔が狭く、テーブルクロスも安っぽい。客層は4人程度の観光客グループが大半を占め、僕のように一人寂しく朝食を摂るビジネス客は見当たりません。

大きな窓からは景色を堪能でき、ビュッフェ台は奥まったスペースに設置されているため騒がしくならないのは嬉しい。

料理は地元の食材を中心に30種類ほとどやや少なめ。この日の料理長おすすめメニューは「東坡煮(とうばに)」と「雲仙スーパーポークの生姜焼き」でした。

卵料理はスクランブルエッグのみ。カレーコロッケはスパイシーだけどやや薄味。肉じゃがは型崩れしすぎ。全般的に作り置き感が強く、また料理の補充も遅いのが残念。

ルークプラザホテルのお得な宿泊プランを探す



Impression

大理石を多用したロビーはゴージャスだし、エレベーターホールは洒落ています。しかし客室は一昔前の水準で満足度は低い。この日だけかもしれませんが、評判の夜景もちょっと期待外れ。

ホテル宿泊記一覧

ルークプラザホテル宿泊プラン

ルークプラザホテル
〒852-8007 長崎市江の浦町17-15
TEL 095-861-0055
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

-長崎県のホテル
-, , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.