東京都のホテル

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊記①「スーペリア ベイビュー・ツイン」

更新日:

■2012年7月ほか宿泊

Check In

インターコン東京ベイ_外観

インターコン東京ベイ_メインエントランス

「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」の最寄り駅はゆりかもめの竹芝駅。JRと東京モノレールの最寄り駅である浜松町までは徒歩10分弱と微妙な距離がありますが、送迎バスが運行されるようになったのでアクセスはずいぶん改善されました。

インターコン東京ベイ_ロビー

インターコン東京ベイ_ロビー

1階ロビーは吹き抜けではない上に天井がやや低いため開放感はありませんが、暖かみのあるインテリアです。

インターコン東京ベイ_フロント

フロントはラゲッジ台の無いカウンター。目の前にはコンシェルジュデスクがあり、アンバサダー会員はここでチェックインができるはずですが、スタッフがいるのは見たことがありません。

インターコン東京ベイ_ロビー

インターコン東京ベイ_エレベーターホール

ロビー階のエレベーターホールは狭くシンプル。カゴは4基ありますが、スピードが遅くて待たされることも多々。

インターコン東京ベイ_エレベーターホール

客室階のエレベーターホールも同様にシンプルで椅子などは置かれていません。

インターコン東京ベイ_廊下

インターコン東京ベイ_廊下

当ホテルはこれまで「レギュラーフロア」(8~19階)と「クラブインターコンチネンタルフロア」(20~24階)の2フロア、「リバービュー」と「ベイビュー」の2ビュー構成でした。

しかし最近になって、レギュラーフロアは8~12階の「クラシックフロア」と13~19階の「レギュラーフロア」に分割され、リバービューの先端寄りに位置する部屋は新たに「スカイツリービュー」というカテゴリになって「3フロア3ビュー」構成に変更されました。

つまり新リバービューの大半は隣接するサウスタワーが視界を遮る部屋ということになります。

客室グレードはスイートを除き、スーペリア・デラックス・デラックスビューバスの3グレードに。モデレートは廃止されたようです。ただし、予約フォームや各ホテル予約サイト上の表記は従来のまま。変更が完了するまではもう少し時間がかかりそう。

そしてレストランも同様に大改革の真っ最中で、1階の「ブルーベランダ」とメインバー「チャートハウス」、テイクアウトの「ザ・パティスリー」を閉店させ、10月に新しい店がオープンするとのこと。またメインダイニングの「ラ・プロヴァンス」も9月上旬まで改装工事中。

このホテルはこれまでもレストランの入れ替えが多く、かつての「カリフォルニアキッチン&バー」、「エイジアンテーブル」、「サンセットラウンジ」、「なだ万御殿」、「C4U」なども今や別店舗。それでも今回の変更は過去最大級で、当ホテルの顔だったブルーベランダを閉じるという大胆な取り組みが上手くいくのか注目です。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

スポンサーリンク

absence

Room

インターコン東京ベイ_スーペリアベイビューツイン

今回の部屋は14階の「スーペリア ベイビュー・ツイン」。このスーペリアタイプの広さは全フロア全ビュー共通で35㎡。バスルームに結構なスペースを割いているにも関わらず居室に狭さは感じません。

インターコン東京ベイ_客室エントランス

ドアを開けるとアートが飾られ、小さな台が置かれています。

インターコン東京ベイ_クローゼット

インターコン東京ベイ_クローゼット

クローゼットはセーフティボックスとチェストが別扉になった造り。ここに収納されているバスローブはへたっているし、スリッパはかなり薄っぺらいチープなものに変更されてしまいました。パジャマは青いストライプ柄のワンピースタイプ。

インターコン東京ベイ_スーペリアベイビューツイン

チェストの上にはグラスやカップ、電気ポットなどが所狭しと置かれていて少しごちゃごちゃ。テレビは日立製「Wooo L32-H05」。明るさの設定が暗めで、ゲスト権限では変更できず見づらかった。

テレビは全室がこの機種というわけではなく、他の部屋ではシャープのAQUOSや東芝のREGZAも見かけました。

インターコン東京ベイ_冷蔵庫

冷蔵庫は満タン。「ウイダーinゼリー」は無かったけれど、アンバサダー特典のフルーツが冷蔵庫に入っていたので片付ただけかもしれません。

インターコン東京ベイ_ライティングデスク

ライティングデスクはやや大型で、小さな観葉植物がアクセントになっています。卓上にはコンセントが3口用意されて便利。インターネット接続は有料で1,575円/24h。デスクチェアはどっしりしたもの。

インターコン東京ベイ_ベッド

ベッドは120cm幅のシモンズ製マットレスを使用。ベッドスローやクッションは一切無くて白一色。ハイットのようにスタイリッシュなインテリアならともかく、ナチュラルテイストの部屋にはベッドスローが似合うはずのに。

インターコン東京ベイ_ナイトテーブル

ナイトテーブルは中央に一つのみ。大きさは十分だけどコンセントやフットライトが無いため使い勝手は今ひとつ。新聞は朝夕刊共に日経と読売の2紙が配られました。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

スポンサーリンク

absence

Bath Room

インターコン東京ベイ_バスルーム

バスルームは広くて明るい。バスタブは大きくてアームレストつき。深さがあるため肩までしっかりお湯に浸かれて快適です。レギュラーフロアではバスピローはありません。

インターコン東京ベイ_バスルーム

シャワーブースも備えています。シンクはシングルだけど大型で私物を置くスペースにも余裕があって使い勝手が良い。目の前は一面の大きな鏡で、一部に木の額縁が施されたデザイン。

インターコン東京ベイ_アメニティ

アメニティはインターコンチネンタル共通のものだけど、赤坂や横浜のインターコンチネンタルとは異なり、一つの箱に纏められてはいません。品揃えは平凡でバスソルトは無し。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

スポンサーリンク

absence

View

窓には劣化が気になるドレープとレースのカーテン。共に手動です。ガラス窓は出窓タイプで、端っこをわずかに開けて潮風を取り入れることができます。ただし貨物船や首都高速の騒音も入ってきてしまうので注意が必要です。

インターコン東京ベイ_眺望

インターコン東京ベイ_眺望

インターコン東京ベイ_眺望

インターコン東京ベイ_眺望

インターコン東京ベイ_眺望

今回の眺めはベイビュー。正面にレインボーブリッジを望み、お台場や日の出埠頭、首都高速の浜崎橋JCTや東京タワー、六本木ミッドタウンまで一望できます。

リバービューとは違って、眺めを遮る高い建物が近隣に無いため眺望はクリア。でもレインボーブリッジはお台場の「ホテル日航東京(現「ヒルトン東京お台場」)」からみた方が綺麗ですね。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

スポンサーリンク

absence

Breakfast

朝食は今年オープンした「シェフズ ライブ キッチン」でのビュッフェスタイル。アラカルトはありません。かつて朝食会場だった「ブルーベランダ」とは違い、大きな窓からは明るい陽射しがたっぷりと差し込んで朝らしい雰囲気。

しかしブルーベランダの絶頂期に比べると品数は少なくユニークなメニューはありません。パンは甘いデニッシュが中心でクロワッサンすら無いのはなぜなんでしょうか。

店名の通り、シェフが目の前で調理してくれるライブ感覚がこの店のウリ。でも朝食ではオムレツか目玉焼きを作ってくれるだけなので至って普通。これで3,500円は割高感があります。

なお、ルームサービスのアメリカンブレックファーストは3,119円。アラカルトは種類少なくエッグベネディクトはありません。

Impression

溜池の東京全日空ホテルが「ANAインターコンチネンタルホテル東京」という紛らわしい名前に変わりましたが、東京のインターコンチといえばやはりここ。

客室はオープン当時からほとんど変わっておらず、やや古くささを感じますが、今後大きな改装を予定しているとのこと。

宿泊料金は比較的リーズナブルなのでコストパフォーマンスは良好。羽田空港へも近いし、近所にある劇団四季の観劇時は便利です。

 

ホテル宿泊記一覧

一休.com:ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:ラ・プロヴァンス(フランス料理)

一休.comレストラン予約:分とく山(日本料理)

一休.comレストラン予約:シェフズ ライブ キッチン(ビュッフェ)

一休.comレストラン予約:鉄板焼 匠(鉄板焼)

一休.comレストラン予約:イタリアン ダイニング ジリオン(イタリアン)

一休.comレストラン予約:レインボーブリッジビューダイニング&シャンパンバー マンハッタン(フランス料理)

一休.comレストラン予約:東京ベイナイトバー スカイビューラウンジ(ラウンジ)

一休.comレストラン予約:緑と海のビアガーデン(ビアガーデン)

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
〒105-8576 東京都港区海岸1-16-2
TEL 03-5404-2222 FAX 03-5404-2111
チェックイン15:00 チェックアウト12:00

absence

absence

-東京都のホテル
-, , , , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.