青森県のホテル

ダイワロイネットホテル青森宿泊記「デラックスツイン」

更新日:

【一休.com】枚数限定!割引クーポン配布中。

■2019年3月宿泊

Check In

「ダイワロイネットホテル青森」へは青森駅から歩いて5分程度。青森空港からはリムジンバスで35分で700円。タクシーを使うと20分、料金は4,000円弱でした。

ホテルは新町通りというアーケード街に面しており、新町一丁目のバス停はすぐ近くという好立地。周囲には飲食店がたくさんあります。

ダイワロイネット青森

当ホテルは2018年10月に開業して半年なので、建物はまだピカピカ。しかし、半年経過しているのに公式サイトはペラ1枚の簡素なもの。ダイワロイネットホテルズの他店舗と比べても情報量は少ない。

ダイワロイネット青森_エントランス

エントランスはやや地味。目の前には「さくら野百貨店」があります。

ダイワロイネット青森_uguisu

エンストランスの脇にはローソンと朝食会場でもあるカフェ「UGUISU」。

ダイワロイネット青森_エレベーターホール

エレベーターは3基。利用にはルームキーが必要で、「小田急ホテルセンチュリー相模大野」と同じく、ロビー階には必ず停止する仕様。

ダイワロイネット青森_ロビー

ロビーはビジネスホテルとは思えないほどに広い。ダイワロイネットホテルといえば、フロントでチェックインの手続き→自動発券機で精算とルームキーの発行という流れのはずですが、今回は全額前払いだったためルームキーはフロントで渡されました。

ダイワロイネット青森_ロビー

このロビーには「青森市内のビジネスホテルでは初」というフィットネスルームがあるのですが、利用方法はどこにも書いていなくて残念。

ダイワロイネット青森_エレベーターホール

客室階は3〜14階。エレベーターホールはスリット状のLEDが個性的。

ダイワロイネット青森_フロアマップ

客室の配置はこんな感じ。左側が新町通りアーケードです。

■一休.com:ダイワロイネットホテル青森宿泊プラン■

Room

客室は20㎡の「モデレート」から55㎡の「スイート」まで8種類で全218室。今回予約したのは「デラックスツイン」。客室面積は29㎡で「スーペリアツイン」との差は4㎡。天井高は2.48mと新しいホテルの割に低い。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

ドアを開けると正面にクローゼットがあり、個室トイレとバスルームが並んでいます。廊下の長さは実に5.6m。ハンガーラックとズボンプレッサーが備わっています。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

クローゼットは奥行きがあまり無いものの、横幅はかなりワイド。中にはセーフティボックスとチェスト、ナイトシャツ。ハンガーは5本と少なく、スリッパはウォッシャブルタイプのみ。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

トイレは全客室で個室タイプ。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

居室は明るく、質感はビジネスホテルのそれですがナチュラルな木目調が多用されていてで落ち着きます。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

壁際にはデスクユニット。デスクとベッドの間の通路幅はとても狭く、チェアを少し後ろに下げるだけでベッドにぶつかってしまいます。ましてや同室者がその後ろを通り抜けるのは無理。ライティングデスクは窓に向けて設置した方が良かった気がします。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

テレビは三菱電機製「REAL LCD-40ML8HA」。系列局が地元に無いからか、青森県なのにテレビ北海道と北海道文化放送を視聴可能。また、朝食会場の混雑状況ととコインランドリーの稼働状況が確認できるのはとっても便利。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

ビジネスホテルらしく、引き出しには携帯電話の充電ケーブルを常備。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

ティーバッグは煎茶と梅茶。コーヒーはありません。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

ライティングデスクは奥行き60cm×幅130cm。目の前に鏡は無く、バー状の電気スタンドは明るい。

デスクチェアは肘掛けが無く安っぽいモデルですが、キャスター付きでリクライニング可能。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

窓際には一人掛けのコンパクトなソファとオットマン。背もたれ部分が極端に短くてリラックスできない。これはミスチョイスな感があります。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

ベッドは122cm幅。なんとフランスベッド製の「ホテルベッド」。厚さが無くて寝心地は固く、スプリングの感触を感じられるもの。なぜこのマットレスを採用したのか理解に苦しみます。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

ナイトテーブルはありませんが、ヘッドボードの中央が少し窪んでいて携帯電話などの小物を置くことができます。USBジャックとコンセントあり。

■一休.com:ダイワロイネットホテル青森宿泊プラン■

Bath Room

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

バスルームは洗い場つき。青森市内のビジネスホテルで浴室・トイレ別なのは初めてとのことで、「ホテルJALシティ青森」や「リッチモンドホテル青森」といった競合に対して大きなアドバンテージですね。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

アメニティは歯ブラシ、ひげそり、コーム、綿棒、以上。バスタオルとフェイスタオルが1本ずつ、ハンドタオルはありません。

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

バスルームの壁は黒い石のようなパネル。ビジネスホテルでは大変珍しいレインシャワーがついています。

バスタブは深さが無く、肩まで浸かろうとすると長さが足りない。半身浴をするためのステップがあるものの、なぜかカラン側。

カランは湯量を指定できるラブホテルみたいな機能つき。ただし、水圧は弱くて湯が溜まるのには時間かかります。

シャンプー類は花王製の業務用が大ボトルで。

■一休.com:ダイワロイネットホテル青森宿泊プラン■

View

ダイワロイネット青森_デラックスツイン

今回の部屋は新町通り側。目の前の「さくら野百貨店」が視界を遮ります。下の商店街を眺めていると、見知らぬ街に来たことを実感できるし、ビジネスホテルにありがちな「目の前は壁」よりずっとマシ。

■一休.com:ダイワロイネットホテル青森宿泊プラン■

Impression

市内のホテルでいえば「ホテル青森」の方が格式はずっと上。しかし、地方の老舗ホテルはハズレ率が高いので真新しい当ホテルをチョイスしました。

結果、良い点と残念な点の差が激しいホテルでという印象です。立地、清潔な客室、洗い場付きでレインシャワーを完備するバスルームは申し分ありません。一方、寛げないソファと固くて寝心地の悪いマットレスが残念な点でした。

■ホテル宿泊記一覧

■一休.com:ダイワロイネットホテル青森宿泊プラン

■トリップアドバイザー:ダイワロイネットホテル青森【口コミを参考に、料金を比較して予約 】

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村


旅館・ホテルランキング

ダイワロイネットホテル青森
〒030-0801 青森市新町1-11-16
TEL: 017-732-7380
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

PR

関連記事

【一休.com】枚数限定!割引クーポン配布中。

-青森県のホテル
-, ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2019 All Rights Reserved.