北海道のホテル

ホテルクラビーサッポロ宿泊記①「デラックスツイン」

更新日:

■2012年11月宿泊

Check In

「ホテルクラビーサッポロ」が建つのは北2条東3丁目で最寄り駅は地下鉄東西線のバスセンター前駅。JR札幌駅(市営地下鉄さっぽろ駅)からは大通駅で乗り換えが必要だし、歩くと15分以上かかるのでタクシーでのアクセスが無難だと思います。

クラビーサッポロ_外観

建物は6階建て。外壁は暖かみのある赤煉瓦とクールな打ち放しコンクリートという寒暖の対照的な仕上げ。大きなホテルではないけれど、存在感は十分です。

クラビーサッポロ_やじうまトンネル

当ホテルはサッポロビール工場跡地に造られた「サッポロファクトリー」の西館という位置づけで、道路の向い側にある施設群とは地下の連絡通路(やじうまトンネル)で接続しています。

クラビーサッポロ_外観

クラビーサッポロ_ロビー

このホテルのコンセプトはクラブハウスのようなホテル。それゆえにロビーはフローリングでこぢんまり。大理石を多用したゴージャスなロビーよりもこういったロビーの方が落ち着きます。

ロビーの正面にはエレベーターホールがあり、フロントは左側の部屋に設けられています。

クラビーサッポロ_ロビー

一方、右側の部屋は本棚やソファが置かれたラウンジのようで、館内で唯一のレストラン「イル・モメント」に繋がっています。

クラビーサッポロ_フロント

フロントはロッジ風の小さなカウンター。対応してくれたのはベテランの男性スタッフ。手続きは淡々と進められ、小規模ホテルならではの「暖かい歓迎」とは感じませんでした。「以前ご利用いただいたことはありますか?」と聞かれたけれど、利用履歴は事前にチェックしていないのでしょうか。

クラビーサッポロ_エレベーターホール

エレベーターは2基。客室数が少ないので十分でしょう。

クラビーサッポロ_エレベーターホール

客室階のエレベーターホールは明るくて広い。

クラビーサッポロ_廊下

脇にはブロックガラスを背にしたスペースがあり、いくつかのチェアが置かれています。冬はちょっと寒い。

クラビーサッポロ_廊下

クラビーサッポロ_廊下

客室はエレベーターホールを中心に南北に配置されていて、廊下のカーペットはフカフカです。ルームキーはシリンダーキーでレトロな鍵型のキーホルダーつき。と言っても、「第一ホテル東京」ではキーホルダーではなく現役の鍵として使われているので間違えてしまいそう。

一休.com:ホテルクラビーサッポロ宿泊プラン

スポンサーリンク

absence

Room

客室は全部で118室。レイアウトによって「アイランドタイプ」と「ウォールタイプ」に分かれ、またインテリアも「ナチュラル」・「フューチャー」・「コンサバティブ」・「パスト」の4デザインタイプがあります。

今回予約した客室タイプは「デラックスツイン」でウォールタイプ×コンサバティブデザインです。エレベーターホールに近い部屋でしたが騒音はほとんど気にならず一安心。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

クラビーサッポロ_デラックスツイン

室内は赤いカーペット敷きでコンサバティブというよりレトロなデザイン。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

ドアを開けると背の高いクローゼットが置いてあり、中のスリッパはウォッシャブルタイプ。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

ラゲッジ台下の引き出しには予備のデュベを無理矢理押し込んであって汚らしい。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

「アイランドタイプ」は窓に背を向けてベッドを配置した独特の配置だけど、この「ウォールタイプ」はオーソドックスなレイアウト。部屋の広さは39.4㎡。バスルームがゆったりしている割に狭さは感じませんでした。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

以前利用した部屋にはL字型のコーナーソファが置かれていましたが、この部屋にはウッディな丸テーブルを挟んでラブチェアと一人がけのソファが一脚。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

グラスやティーセットは「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」など同じく、チェストや冷蔵庫などが一体化したユニットの上に置かれています。これらの家具は上質なものだけど、経年劣化の傷が残念。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

冷蔵庫には親会社のサッポロビール系列商品がズラリ。

クラビーサッポロ_デラックスツインテレビは日立製「Wooo W32L-H8000」。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

ライティングデスクは広々としていて使い勝手は上々です。ただ、デスク周りに空きコンセントが一つしか無いのは困りました。インターネットは無線接続のみの対応(一部の客室ではモデム貸し出しあり)で、その速度は下り38.3Mbpsと良好。

デスク脇にはフランスベッド製「貴賓席FB975」というマッサージチェア。他にも空気清浄機やズボンプレッサーなど常備品は豊富です。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

ベッドは127cm幅のフランスベッド製マットレス×2。全く期待していなかったけれど、柔らかい寝心地で悪くない。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

そしてこのベッドは「JRタワーホテル日航札幌」のプレミアダブルと同じく電動リクライニング機能つき。頭部と脚部それぞれが上げ下げ可能で、頭部を上げればソファ代わりになってテレビを観るときに便利です。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

ナイトテーブルは中央に一つ。「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」と同じように、シェードの高さが微妙に違っていて気持ち悪い。なお、朝刊サービスはありませんが、ロビーで読売新聞が配布されていました。ルームサービスはありません。

一休.com:ホテルクラビーサッポロ宿泊プラン

スポンサーリンク

absence

Bath Room

バスルームはパウダースペースがセパレートされたタイプ。高級ホテルのバスルームは「ユニットバス」→「シャワーブース」→「洗い場付き」とトレンドが変わっていますが、このホテルは開業当初からこのタイプです。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

ドアにはレースの窓がついていてクラシカルな雰囲気。でもシンクは高級感が無く、周囲もごちゃついている印象。ドライヤーは壁掛けタイプと独立タイプの2つがあるけれど、「同時に使うとブレーカーが落ちる」とのこと。だったら一つでいいのに…。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

クラビーサッポロ_デラックスツイン

アメニティは豊富で入浴剤つき。シャンプー類は大ボトルに加え、この部屋ではミキモトコスメティックスのシャンプー・コンディショナー・ボディソープも用意されています。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

アメニティに気合いが入っている割にトイレットペーパーは「札幌全日空ホテル(現ANAクラウンプラザホテル札幌」」や「庭のホテル東京」と同じくシングル。ティッシュもホテルオリジナルとはいえ入れ箱剥き出しで安っぽい。こういうところをケチるのはとても残念。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

バスルームは「チサングランド長野」に良く似た”ご家庭タイプ”。「JRタワーホテル日航札幌」や「札幌グランドホテル」のそれよりも少し広い。

バスタブは深さがあってゆったり。しかもオーバーフローが無いので湯をたっぷりと溢れさせることが可能です。

クラビーサッポロ_デラックスツイン

壁や床は真っ白なタイルで統一され、風呂桶と椅子もあります。色気はゼロだけど使い勝手は良い。シャワーの水圧は並。シャワーヘッドはマッサージ機能がついていないシンプルなもの。

一休.com:ホテルクラビーサッポロ宿泊プラン

スポンサーリンク

absence

View

クラビーサッポロ_デラックスツイン

窓は小さいけれど開けて外気を取り入れることが可能です。客室は全てサッポロファクトリーに向いていて、クリスマスシーズンには旧ビール工場の煙突にサンタが登るイルミネーションが見えます。ただ、ここは眺望を求めて泊まるホテルではありません。特に今回の部屋は凸部分の脇にあたり、隣室の壁が左側の視界を遮ります。

一休.com:ホテルクラビーサッポロ宿泊プラン

スポンサーリンク

absence

Breakfast

朝食はレストラン「イル・モメント」ではなく、宴会場「ゲストハウスバーレイ」で和洋ビュッフェが提供されます。ルームサービスはありません。

卵料理はスクランブルエッグorゆで卵。他のホットミールはソーセージ、ハムなど一般的なもの。ベーコンは見かけませんでした。クロワッサンはカリカリタイプ。ジュースはオレンジと人参の2種類。子供向けに朝からスムージーもありました。洋食の種類は豊富とは言えず、どちらかといえば和食の方が充実している印象です。

Impression

決して高級ホテルではないけれど、こぢんまりとしていて館内は静か。最近は「JRタワー日航札幌」に人気を奪われてしまいましたが、日経トレンディの調査でもかつては「ルネッサンスサッポロホテル(現プレミアホテル-TSUBAKI-札幌)」と並んで上位評価の一軒でした。

札幌駅や大通公園、すすきの等の中心地まではやや遠く送迎も無い。その微妙な立地ゆえか宿泊料金は控えめでコストパフォーマンスは良好です。部屋は十分に広く、ビジネス利用でも耐えられる造りと備品の数々。

ただ、ドアマンやベルはいない、ルームサービスも無いなどサービスはかなり限定されています。ランドリーのナイトサービスは22時受付→翌7時仕上がりで便利だけど、プレスの仕上がりを見る限り技術力はちょっと疑問が残ります。(おそらく外注)

ホテル宿泊記一覧

ホテルクラビーサッポロ宿泊記②

一休.com:ホテルクラビーサッポロ宿泊プラン

じゃらんnet:ホテルクラビーサッポロ宿泊プラン

【JTB】るるぶトラベル:ホテルクラビーサッポロ宿泊プラン

一休.comレストラン予約:札幌市内のレストランを探す

ホテルクラビーサッポロ
〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東3丁目
サッポロファクトリー西館
TEL 011-242-1111 FAX 011-242-3339
チェックイン13:00 チェックアウト11:00

absence

absence

-北海道のホテル
-, , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.