東京都のホテル

赤坂エクセルホテル東急宿泊記「スーペリアダブル」

更新日:

■2014年8月宿泊

Check In

「赤坂エクセルホテル東急」は地下鉄銀座線・丸ノ内線の赤坂見附駅の目の前に位置しています。目の前とはいえ直結はしておらず、交通量の多い外堀通りを渡らなければならないので雨の日はちょっと残念。

そうは言っても、東京駅や渋谷、銀座、六本木など都内のどこへ行くにも便利な立地だし、階下の「東急プラザ」を始め周囲には高級店からファーストフードまで飲食店が無数にあるので食事にも困りません。

赤坂エクセルホテル東急_外観

建物は外堀通りに沿って横に長い造りな上、1969年開業の古いビルだけに各階の天井が低くく、14階もの高さがあるようには見えません。ファンシーな薄いピンクのストライプ柄が特徴ですが、現在は外壁の補修工事が行われています。

赤坂エクセルホテル東急_エントランス

エントランスにはドアマンがいたりいなかったり。

赤坂エクセルホテル東急_ロビー

ここは1階のロビー。エスカレーターで上がった3階にあるフロントにはフローリングの床に大理石のカウンターを設置し、ラゲッジ台も用意されています。

対応してくれた女性スタッフは笑顔が気持ち良く、とても丁寧な対応でした。なお、横にいた男性スタッフ達はストライプの半袖シャツにネクタイというホテルマンらしくない出で立ちでちょっと新鮮。

ベルは常駐しているものの、客室へのアテンドは行っていない様子。重い荷物を抱えて自力で客室へ向います。

赤坂エクセルホテル東急_エレベーターホール

新しいホテルはテレベーターホールをコンパクトにすることが多い気がしますが、ここは古いホテルだからかゆったりした造り。

赤坂エクセルホテル東急_エレベーターホール

エレベーターは4基。乗ってしまえばキビキビと動いてくれますが、制御がイマイチなのか、待たされる場面が多かったです。

赤坂エクセルホテル東急_廊下

客室階の廊下は天井が低くて幅も狭い。改装されてはいるものの、ドアチャイムだけはやたらレトロなタイプ。

■一休.com:赤坂エクセルホテル東急宿泊プラン■

Room

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

今回の部屋は「スーペリアダブル」。面積はわずか22㎡で天井高は2.33mと低い。それでも横幅にはゆとりがあって、細長いタイプの客室よりは不思議と狭さを感じません。クセの少ないインテリアだけど、家具の質感が低いのは「セルリアンタワー東急ホテル」や「横浜ベイホテル東急」などと同じ。いかにも東急ホテルですね。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル
クローゼットの中には2段のチェストがあり、上段にはワンピースタイプのナイトウェアとドライヤーがなぜかここに。セーフティボックスはありません。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

ライティングデスクは横長タイプ。スタンドライトは無いけれど頭上にダウンライトがあって問題なし。インターネット接続は有線・無線共に無料。下り47.9M、上り28.8Mbpsと非常に快適です。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

右側にはネスレ製のエスプレッソマシン「Nespresso C100」。カプセルは「ボリュート」と「ローマ」の2種類。テレビはPanasonic製「TH-32LX80TH」。白い円筒型の物は加湿機能付き空気清浄機です。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

ベッドは160cm幅。マットレスのブランド名は確認できませんでしたが、スプリング一つ一つが大きくてカチカチ。寝心地は悪い部類だと思います。「デラックスダブル」と「プレミアダブル」ではエアウィーヴが導入され、また低価格の「モデレートダブル」ではシモンズ製ポケットコイルが用いられているのに、この部屋ではなぜこんな一昔前のマットレスを使っているのか理解に苦しみます。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

窓際には一人掛けのソファとコーヒーテーブル。狭い部屋だけにこれ以上大きなものを置くのは厳しいですね。

清掃状況はかなり酷い。ベッド付近の床には髪の毛が多く付着したままで、掃除機をかけたとは思えません。

■一休.com:赤坂エクセルホテル東急宿泊プラン■

Bath Room

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

バスルームは「シースルーバス」と称していて壁の一部がガラス張りになっています。しかし、ほぼ全面ガラス張りの「コンラッド東京」や「ハイアットリージェンシー東京のクラブルーム」とは違って当ホテルでは一部のみ。バスタブに浸かりながらガラス越しにテレビを観ることもできず、明かり取りが目的と考えた方が良さそうです。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

バスルームそのものは狭いユニットタイプ。バスタブでは足を伸ばせないけれど、深さはまずまず。ただ、水圧には不満が残るし、シャワーヘッドにマッサージ機能などはありません。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

アメニティはエクセル東急共通のもの。基礎化粧品はリクエストベースでシャンプー類はPOLA製「カラハリ」。

■一休.com:赤坂エクセルホテル東急宿泊プラン■

View

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

客室は外堀通り側と裏側(衆議院・参議院議長公邸側)の2面。今回は「エレベーターから遠い部屋を」とリクエストして赤坂見附交差点側の角、外堀通り沿いの部屋にアサインされました。

窓からはすぐ近くを走る首都高速4号線や「ホテルニューオータニ」の庭園が見え、遠くには新宿の高層ビル群を望みます。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

窓には障子とドレープ、それにくたびれたレースがついています。ガラス窓の一部は開閉可能で外気を取り入れることが可能です。

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

赤坂エクセルホテル東急_スーペリアダブル

首都高はもちろん、目の前の外堀通りや青山通りは交通量がかなり多く、23時を過ぎても騒音は結構なもの。窓ガラスは旧式で密閉性が低く防音効果は弱い…。

■一休.com:赤坂エクセルホテル東急宿泊プラン■

Breakfast

朝食は3階の「赤坂スクエアダイニング」で提供されています。同店内の「レストランコーナー」では和洋ビュッフェ(6:00~10:30)、「サロンコーナー」では洋定食(6:00~11:00)と和定食(7:00~11:00)と提供内容が分かれていますが、いずれも営業時間の長さが特長です。

ビュッフェは和洋共にそれなりに充実しています。目の前で調理するサービスは無く、卵料理はいずれも保温されたもので、ゆで卵、スクランブル、ヴァプール(スチームド)エッグ、 バスク風オムレツの4種類。

他の温製料理はハム・ベーコン・ソーセージ・フライドポテト・グラタン・蒸し野菜・オニオンスープ。カレーはミートボールとマッシュルーム入りで業務用な味わい。パンはクロワッサンやスコーンなど5種類。冷めているしバターの風味が薄くてがっかり。

和食は、キムチ・漬物・高菜・ザーサイ・滑子・白子などの薬味が充実しています。ただ、それらに加えて納豆や焼魚(鯖と鰆)は常温エリアに、たらこ、塩辛、玉子焼きなどはサラダと一緒に冷蔵エリアと離れて配置されているのがちょっと不便。ご飯は白米、お粥、ワカメの混ぜご飯。蕎麦コーナーもあり、汁には玉葱ともやし、しめじ入り。

ジュースはフレッシュ感の無いオレンジ、野菜、トマトの3種類とサントリーのディスペンサー。

6時の開店と同時に訪問。6時半くらいからはそれなりに混み合ってきましたが、騒がしい団体客がいなかったので快適でした。また欧米系の方々が多かったのはちょっと意外。

なお、ルームサービスの朝食は7:00~10:00の提供で前日までに予約が必要です。「アメリカンブレックファースト」・「和定食」共に2,376円で朝食券の利用が可能なのは嬉しい。

■一休.com:赤坂エクセルホテル東急宿泊プラン■

Impression

改装はされているものの、造りは古くて客室は狭い。「プレミアダブル」などの広い部屋はインターネットでほとんど販売されていないのも残念。それでもアクセスは抜群に良く、宿泊代金もリーズナブル。外堀通り沿いはやはり騒音が厳しいので次回は裏側の部屋を選択したい。

■ホテル宿泊記一覧

■一休.com:赤坂エクセルホテル東急宿泊プラン

赤坂エクセルホテル東急
〒100-0014 千代田区永田町2-14-3
TEL 03-3580-2311
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

PR

関連記事

-東京都のホテル
-, ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.