東京都のホテル

ホテルオークラ東京宿泊記③「別館・スーペリアツイン」

更新日:

■2018年1月宿泊

Check In

2015年8月末に惜しまれつつ本館の営業が終了し、建て替え工事が開始された「ホテルオークラ東京」。

2019年の竣工までは別館の単独営業となっています。

ホテルオークラ東京_外観

ホテルへは東京メトロ日比谷線の神谷町駅から徒歩10分弱。城山ガーデンに面した急坂の先に見えるの建物が別館です。

ホテルオークラ東京_竹林

ロビーへは細い竹林を抜けていきます。

ホテルオークラ東京_宴会場玄関

駐車場脇の歩道を進んで行くと地下2階の宴会場エントランスにたどり着きます。ここはスタッフが不在なことが多く、裏口という印象が強い。

ホテルオークラ東京_外観

こちらはメインエントランス側。東京メトロ南北線の六本木一丁目駅を利用する場合はこちらが最寄りになります。右奥に見える建物は「アークヒルズ仙石森タワー」。

ホテルオークラ東京_外観

日本語表記は「別館」ですが、英語表記だと「アネックス」ではなく「サウスウイング」だそう。

ホテルオークラ東京_改築中の本館

建設中の新本館と休館中の大倉集古館の様子です。新本館は2棟のビルが建設され、高層棟は高さ193mの38階建て。

客室はこれまでの408室から550室へ増加するようです。

多くの来訪者を魅了し続けた旧本館ロビーのオークラ・ランタンや木組み格子などの美しい意匠は継承されるとのことです。

ホテルオークラ東京_本館接続通路

別館と旧本館を結んでいたこの地下通路は現在閉鎖されています。

ホテルオークラ東京_ロビー

別館のロビー。正月飾りがこのロビーにマッチしています。

ホテルオークラ東京_ロビー

ソファが並べられている空間は、吹き抜け構造だった旧本館に比べると少しコンパクト。

それでも落ち着いた佇まいはオークラ独特のもので、「帝国ホテル東京」や「ホテルニューオータニ」のような騒がしさとは一線を画します。

okuraホテルオークラ東京_別館フロント

チェックインの手続きはスムーズでした。でも、宿泊代金が事前精算されていることの確認やOne harmony会員であることへの言及はナシ。

また、エクスクルーシヴ会員特典のアップグレードは適用されませんでした。

ホテルオークラ東京_エレベーターホール

エレベーターは4基。カゴの中に「閉」ボタンが無いのはこの別館も同じ。といっても表示がされていないだけでボタンを押せば閉まります。

ホテルオークラ東京_エレベーターホール

エレベーターホールを出たところには生花が飾られています。廊下はやや暗い。

途中にクランク状の箇所があるものの、客室は一直線に並んでいます。

ホテルオークラ東京のお得な宿泊プランを探す



Room

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

今回予約したのは「スーペリアツイン」。別館では客室番号のアタマに「S」、ペントハウスには「SP」という文字がつきます。

部屋の広さは40㎡、天井の高さは2.7m。室内には照明が多く、窓上には天井に向けられた蛍光灯があるため室内は非常に明るい。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

ドアを開けるとすぐ右側にクローゼット。扉は襖のようなスライドドアです。

中に照明があるので明るいけれど、蛍光灯が剥き出しなのは格好悪い。

クローゼットの片側にはハンガー9本と使い捨てスリッパ。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

反対側にはティーセット、ミニバーと冷蔵庫。エクスクルーシヴ会員向けのウェルカムスイーツが置いてありましたが、簡単なサンクスカードが添えられているだけなので、無料なのかどうか分かりづらい。

ティーセットはアールグレイ、ブルーベリー、煎茶、ほうじ茶、ネスカフェゴールドブレンド。ティーカップはノリタケ。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

ミニチュアボトルは以前より少し減っています。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

コネクティングドアの隣にはラゲッジ台。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

下部は2段の引き出しになっていて上段にはセーフティボックス、下段には浴衣を収納。パジャマはリクエストベースです。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

ライティングデスクの奥行は最大で68cm、幅は160cm弱あって広々。スタンドライトは設置されていませんが、ペンダントライトが明るいので問題なし。

ただ、目の前に鏡がある昔ながらのレイアウトで、独立型デスクの快適さには遠く及びません。

デスクチェアはキャスターや肘掛けが無いけれど、座り心地は悪くない。

机上には電話機と無料の貸し出し用スマートフォン「handy」が置かれています。これはAndroid OSを搭載したSHARP製の端末で、国際通話を含む通話料とデータ通信が無料となり、ホテル外への持ち出しもOKです。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

デスクの両サイドは3段の引き出しがあり、収納力は抜群で長期滞在にも対応可能です。テレビはPanasonic製「Viera TH-37LRG20」。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

窓際にはストライプのアームチェアが2脚。間に置かれたテーブルはちょっと安っぽい。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

ベッドは113cm幅の日本ベッド製Beads Pocketのレギュラータイプ。「ザ・リッツ・カールトン大阪」や「セルリアンタワー東急ホテル」などで導入されている同社のSilky Pocketに比べるとやはり固い。また、シーツの肌触りも上質とは感じませんでした。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

ターンダウンはされていないにも関わらず、ベッドの上にはオークラ定番の折り鶴が置かれています。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

反対側のベッドには亀。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

ナイトテーブルは中央に1台。コンセントはありません。照明の一括コントロールはできず、ここでコントロールできるのは窓上の蛍光灯のみ。

ルームサービスは24時間営業。アラカルトから「シェフのおすすめ和牛コース」(13,000円)までメニューはとても豊富です。

また、朝食の「アメリカンブレックファスト」、「ヘルシーブレックファスト」(共に4,000円)、「コンチネンタルブレックファスト」(2,700円)は朝5:30からオーダー可能。和朝食は7:00からの受付で4,200円です。

他にはポメリーブリュットロワイヤルがつく「シャンパンブレックファスト」(11,610円)やモーニングステーキ(4,000円)もありました。

ホテルオークラ東京のお得な宿泊プランを探す



Bath Room

ホテルオークラ東京_スーペリアツインバスルームの床と壁は大理石張りで質感が高いけれど、シンク・便座・バスタブが同居した造りで面積も狭い。

照明はミラー脇の2箇所とバスタブ上。デザインがストレートすぎるものの、明るさは十分。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

シンクも石造り。一輪挿しがあるのは嬉しいポイント。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

アメニティも充実していて、ブラシはクッションつき。アウスレーゼのアフターシェイブローション、資生堂製「PHYTO AND ROSE」というバスソルト、女性用基礎化粧品、爪やすりもあり。シャンプー類はこれも資生堂製のオークラオリジナル。

タオルは充実していて、バスタオル3本、フェイスタオル2本、ハンドタオル4本。バスローブもフカフカで気持ちが良い。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

バスタブはやや大きめ。この部屋ではスライドドアでは無く普通のシャワーカーテンがつけられています。

ホテルオークラ東京のお得な宿泊プランを探す



View

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

窓には電動コントロールのドレープと、オークラ特有の磨りガラス。今回の部屋はメインエントランス側のアークヒルズビュー。

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」が正面に見えます。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

右を見ると、アメリカ大使館、赤坂インターシティ、「ザ・キャピトルホテル東急」を望みます。

遠くにはホテルニューオータニのタワー館も見えますね。

ホテルオークラ東京_スーペリアツイン

高層ではない事もあって、夜景の魅力は今ひとつ。

ホテルオークラ東京のお得な宿泊プランを探す



Breakfast

朝食は「カメリア」で和洋ビュッフェ、「ラ・ベル・エポック/バロン オークラ」で洋定食、「山里」では和朝食が提供されています。

今回は「ラ・ベル・エポック/バロン オークラ」を選択しました。

ホテルオークラ東京_ラ・ベル・エポック

「ラ・ベル・エポック」はホテルオークラのメインダイニングとして長きに渡って愛されてきましたが、本館の改築に伴って「バロン オークラ」と統合され現在に至ります。また、旧本館の「オーキッドルーム」で実施されていた朝食営業は当店に引き継がれています。

12階でエレベーターを降り、長い廊下を歩いてエントランスへアプローチします。ホテルニューオータニの「トゥールダルジャン」もそうですが、これだけでテンションが上がりますね。

ホテルオークラ東京_ラ・ベル・エポック

お店はかつて「バロンオークラ」だったスペースを使用していて、キャンドルを模したシャンデリアが吊された天井はドーム状。

まるで洞窟のような雰囲気ですが、窓が大きいので店内は明るいです。朝食時でもテーブルには真っ白なクロスがきっちりと敷かれています。

ホテルオークラ東京_ラ・ベル・エポック朝食

朝食のセットメニューは、世界一とも賞されるオークラ伝統のフレンチトーストを含む「ラ・ベル・エポック・ブレックファスト」(5,800円)、定番の「アメリカンブレックファスト」(3,900円)、「ヘルシーブレックファスト」(3,500円)の3種類。

なお、フレンチトースト単品は2,380円、エッグベネディクトは3,200円です。

今回はアメリカンブレックファストをいただきました。玉子料理はフライ、ポーチ、スクランブル、ボイルからの選択ですが、メニューにはなぜか載っていないオムレツをオーダーしました。パンはモーニングロールで追加もOKです。

運ばれてきたオムレツは本当に美しく、半熟度合いと甘さも最高。完璧なオムレツだと思います。

添えられたソーセージはバジルが練り込まれており、少しスパイシー。

クロワッサンはサクサク度がかなり高い。バターの風味はやや控えめ。オレンジジュースはスクイーズでかなり甘い。

豊富な品揃えから好きなだけチョイスするビュッフェも楽しいけれど、騒がしいのが難点。

今回のように落ち着いた雰囲気の中でセットメニューをいただくのが僕にとっては至福な時間です。

帝国ホテル東京の「レ・セゾン」と並び、朝食の最高峰ではないでしょうか。

ホテルオークラ東京のお得な宿泊プランを探す



Impression

これまで何度も宿泊しているホテルですが、別館の利用は今回が初めて。客室は現在の高級ホテルの水準には遠く及びません。

かつ、残念ながら今回は客室の清掃が今ひとつ。窓の清掃(内側)には拭いた跡が残っているし、姿見のペンダントライトは曲がっています。また、アームチェアが微妙にズレて置かれているなどインスペクターのチェックが甘い印象です。

とはいえ、朝食はさすがの一言で何度でも通いたくなります。本館の再開後もこうした美味しいセットメニューを楽しめるレストランは残して欲しいですね。

ホテル宿泊記一覧

ホテルオークラ東京宿泊記①

一休.com:ホテルオークラ東京宿泊プラン

一休レストラン予約:ラ・ベル・エポック/バロンオークラ(フランス料理)

一休レストラン予約:さざんか(鉄板焼)

一休レストラン予約:山里(日本料理)

一休レストラン予約:桃花林(中国料理)

一休レストラン予約:銀座久兵衛ホテルオークラ店(寿司)

ホテルオークラ東京
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-4
TEL 03-3582-0111 FAX 03-3582-3707
チェックイン14:00 チェックアウト12:00

absence

absence

-東京都のホテル
-, , , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.