富山県のホテル

ANAクラウンプラザホテル富山宿泊記「デラックスツイン」

更新日:

■2017年11月宿泊

Check In

「ANAクラウンプラザホテル富山」は富山市の中心部にあり、富山城址公園や富山国際会議場に隣接しています。富山駅からは徒歩10分強、富山きときと空港からは総曲輪(そがわ)バス停で下車して徒歩1〜2分。

すぐ近くには「剱の湯 ドーミーイン富山」があり、そちらは富山駅への送迎バスを運行しているそうです。

なお、「オーバード・ホール(富山市芸術文化ホール)」は駅の反対側になります。

ANAクランプラザ富山_外観

ホテルは19階建て。周囲に高い建物は無く、遠くからでも目立ちます。最上階はバンケットと「スカイバー アストラル」。

ANAクランプラザ富山_エントランス

メインエントランスにドアマンは不在。でも、ドアに近づくと中からスタッフが走り寄ってきて荷物を持ってくれました。

ANAクランプラザ富山_ロビー

ロビーは吹き抜けで大理石と白木を用いた内装。朝食会場でもある「カフェ・イン・ザ・パーク」を併設しています。クリスマスが近いので中央にはツリーが飾られていました。

到着したのはチェックイン開始時間前。それでもフロントスタッフは客室の清掃状況を確認してすぐにルームキーを用意してくれました。

ANAクランプラザ富山_エレベーターホール

客室は6階から18階。うち6〜15階をレギュラーフロア、16〜18階をプレミアムフロアと称しています。でも、公式サイトの説明だと両フロア共に「セキュリティ万全のカードキー、デュベ仕様の羽毛布団、ミニバーや全室無料のインターネットサービス(高速LAN回線)を全室に完備。」と書かれていて、高さ以外の違いは分かりませんでした。

エレベーターは4基。客室はエレベーターホールを中心として東西に設けられています。

ANAクランプラザ富山_廊下

廊下はシンプルな造り。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル富山宿泊プラン■

Room

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

今回予約したのは2面の窓を持つコーナールームの「デラックスツイン」。暖かみのあるベージュを基調としており、ANAクラウンプラザのブランドカラーである赤がアクセントになっています。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

客室の面積は32㎡、天井高は2.7m。2面の窓+シーリングライトのおかげで室内は明るい。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

クローゼットはややコンパクト。中にはズボンプレッサー、使い捨てスリッパ、セーフティボックス、バスローブ、消臭剤が収納されています。ハンガーは計10本。このクローゼット内には照明が無いため少し暗い。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

クローゼットの脇にはミニバー&冷蔵庫。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

ミニバーには煎茶、紅茶、インスタントコーヒー。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

冷蔵庫の中はスカスカで寂しい。7upはスーパーやコンビニではほとんど見かけないのにホテルではよく見る不思議なドリンク。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

ライティングデスクの手前には「アーバン EP1061」というマッサージチェア。なぜかバスタオルが2枚が載っています。まだNational時代のもので、最新機種に比べると機能は劣ります。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

ライティングデスクは独立型で十分な広さを持っています。すぐ脇に窓があり、景色を眺めながらのデスクワークは捗ります。机上には「富山 白えび便りパイ」。デスクチェアはややチープなものですがキャスター&肘掛け付き。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

テレビは日立製「Wooo L32-H01-1」。 2007年製という古いモデルなのでベゼルが太い。ベッドからだとちょっと遠くて32型は物足りない。テレビの下は3段のチェスト。ここにもなぜかバスタオルが収納されていて、バスルームとマッサージチェアに置かれたそれを合わせると計7枚。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

ベッドは120cm幅の日本ベッド製「ノブルスポケット」。厚みがあまり無く、寝心地はかなり柔らかい。ナイトテーブルは中央に1つ。コンセントはありません。

ルームサービスは24時間。ただし夜11時以降はピザや焼きおにぎりなどの簡単なメニューのみ。グランドメニューも一般的なカフェレストランメニューばかりで、富山らしいメニューは全く見かけませんでした。

朝食の「アメリカンブレックファスト」は2,900円、「コンチネンタルブレックファスト」は2,100円、「和定食」は3,200円です。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル富山宿泊プラン■

Bath Room

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

さほど広くはないけれど、照度は十分。壁は大理石風のパネル。シンクは広く、私物を置くスペースはたっぷりです。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

アメニティはANAクラウンプラザ共通のもの。「ANAクランプラザホテル長崎グラバーヒル」と比べると、マニキュアセットやへブラシが追加されていました。(長崎はコームのみ)

ボディウォッシュ、ボディーローション、石鹸はこれもANAクラウンプラザ共通のthisworks。シャンプーとリンスは資生堂のスーパーマイルドシリーズ。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

バスタブは長さ十分で足を伸ばせます。シャワーの水圧はそれなり。シャワーカーテンはペラペラです。

■一休.com:ANAクラウンプラザホテル富山宿泊プラン■

View

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

今回の部屋には窓が2面あり、ライティングデスク脇の窓は富山駅方面。富山城址公園を見下ろし、銀杏並木の紅葉が美しい。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

もう一方からは北アルプスの山々を望みます。この日は天候が悪く、眺めはイマイチで残念。

ANAクランプラザ富山_デラックスツイン

夜には天守閣がライトアップされます。

Impression

富山市内での宿泊ならば当ホテルか「富山エクセルホテル東急」がクチコミ高評価。立地では富山駅前の後者に軍配が上がる気がしますが、質感はやはり当ホテルの方が上。地方都市のホテルとしてはまずまずの満足度を得ることができました。

■ホテル宿泊記一覧

■IHG・ANAホテルズ公式サイトで予約する

■一休.com:クラウンプラザホテル富山宿泊プラン

■一休レストラン予約:雲海(日本料理)

ANAクラウンプラザホテル富山
〒930-0084 富山市大手町2番3号
TEL 076-495-1111
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

PR

関連記事

-富山県のホテル
-, , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.