愛知県のホテル

ウェスティンナゴヤキャッスル宿泊記「エグゼクティブフロア・スタンダードダブル・キャッスルサイド」

更新日:

■2010年4月宿泊

Check In

今回利用したのは「ウェスティンナゴヤキャッスル」(現「ホテルナゴヤキャッスル」)。名古屋のホテル選びといえば「名古屋マリオットアソシアホテル」が第一候補になります。そのグレード感はこのエリアで一枚抜けた存在ですが、価格設定は強気でGW中は更に高額。

特にコンシェルジュフロアになると最もリーズナブルな「スタンダードダブル」でも30,000円なので今回は見送り。一休.comを眺めていると、当ホテルのクラブフロア利用で15,000円、しかも名古屋城サイドというお得なプランを発見し即予約してしまいました。

ホテルまでは名古屋駅からタクシーで15分ほど。また、1時間に2本の頻度でシャトルバスも運行されています。最寄り駅の地下鉄鶴舞線浅間からは徒歩10分ほど離れているため、栄などの繁華街へ行くにもタクシー移動が基本になります。

周囲に飲食施設などは非常に少ないです。マリオットはもちろん、栄の「名古屋東急ホテル」や伏見の「ヒルトン名古屋」に比べるとアクセスでは不利な立地です。

フロントで名前を伝えるとそのままチェックイン手続きをされそうになりましたが、それではクラブフロアにした意味が無いのでラウンジでのチェックインをお願いしました。

クラブラウンジは8階。特にセキュリティはありません。手続きは小さなコンシェルジュデスクで行います。女性コンシェルジュはテキパキと対応してくれましたが、最上階のレストランについて質問すると「フレンチと鉄板焼きです。よろしければあちらにメニューがありますので。」とつれない回答。もうちょっと利用したくなるようなアピールをしてもいいんじゃないでしょうか?

■ホテルナゴヤキャッスル宿泊プラン■

Room

ウェスティンナゴヤキャッスル_スタンダードダブル

今回の部屋はクラブフロアで最もリーズナブルな「スタンダードダブル」。スターウッドホテル&リゾートへ加盟した2000年に改装されているとはいえ、元々は1969年オープンの古いホテル。同じウェスティンでも「ウェスティンホテル仙台」のレベルを求めてはいけません。

この部屋の広さは27㎡と一昔前のシティホテルクラス。ところが、思いのほか「すごく狭い」と感じなかったのはバスルームがミニマムサイズだからでしょうか。

テレビは4:3比の小さな20インチ液晶で地デジ非対応。ライティングデスクはしっかしとしたものですが、サイズはコンパクト。ハードワークには少々不向き。

ウェスティンナゴヤキャッスル_スタンダードダブル

ベッドは足を窓に向けて設置されており、シングルルームのようなレイアウト。152cm幅のヘブンリーベッド。快適な寝心地ではありますが、個人的には同じSPGの「シェラトンスリーパーベッド」の方が柔らかくて好みです。

■ホテルナゴヤキャッスル宿泊プラン■

Bath Room

ウェスティンナゴヤキャッスル_シンク

ウェスティンナゴヤキャッスル_バスタブ

シャワーブースがつくのはスーペリア以上の客室のみで、このスタンダードでは古くさいユニットバス。シャワーは温度が安定せず、シンクは小さくて使いづらい。また下部には汚い配管が丸出しで見苦しいです。

シャワートイレや曇り止め機能つきの鏡など「最低ライン」はクリアしているけれど、それ以上の快適さはありません。サッと浴びて出るバスルームです。

■ホテルナゴヤキャッスル宿泊プラン■

View

ウェスティンナゴヤキャッスル_眺望

ウェスティンナゴヤキャッスル_眺望

当ホテル最大のウリである名古屋城ビュー、その眺めは見事です。視界を遮るものは何も無く、まさにキャッスルフロント。お城を間近に望むホテルといえば「ホテルニューオータニ大阪」が有名だけど、そこから見える大阪城よりもお城は近くて迫力十分。肉眼でも天守閣を見学する人の動きが分かる程です。

ただし、この8階からではホテル低階層部の屋根が少し視界に入ります。気になるほどでは無いものの、予約時にはなるべく高層階を指定した方が良いでしょう。

ウェスティンナゴヤキャッスル_夜景

ライトアップされた名古屋城もまた綺麗です。栄のテレビ塔も見えますが、地味すぎるので東京タワーのような眺めは期待しない方がいいでしょう。

■ホテルナゴヤキャッスル宿泊プラン■

Club Lounge

ウェスティンナゴヤキャッスル_クラブラウンジ

ウェスティンナゴヤキャッスル_クラブラウンジ

ウェスティンナゴヤキャッスル_クラブラウンジ

クラブラウンジは比較的コンパクト。ゆったり目のテーブルが並んでいて定員は20人程度でしょうか。ソファ席が無いラウンジというのは珍しい。窓からは名古屋駅方面が見渡せますが、すぐ近隣は平凡な住宅街で眺望は今一つ。

営業時間は2009年10月に変更されて現在は7:00~18:00まで。今回は利用しませんでしたが、17:30~19:00の間は1階のティーラウンジ「ウィンザー」でアルコール類のほかオードブルも供されます。でもそのネーミングが「ハッピーアワー」って…。

ウェスティンナゴヤキャッスル_朝食券

ウェスティンナゴヤキャッスル_クラブラウンジ

ウェスティンナゴヤキャッスル_クラブラウンジ

朝食はクラブラウンジ・1階「ブローニュ」・地下一階「西の丸」からの三択です。今回はラウンジでのビュッフェをチョイスしました。 クラブフロアといっても特別なセキュリティは施されていないため、利用の際は朝食券が必要となります。

料理の品揃えはクラブラウンジとしては普通。キーンスープが用意されているのは個性的だけど、卵料理やベーコン、ソーセージなどのホットミールは無いコンチネンタルブレックファーストです。

ジュースは缶に入ったトロピカーナ、ヨーグルトはブルガリアと既成品ばかりで「エグゼクティブ感」はありません。

■ホテル宿泊記一覧

■一休.com:ホテルナゴヤキャッスル宿泊プラン

■一休.comレストラン予約:西の丸(日本料理)

■一休.comレストラン予約:柳城(中国料理)

■一休.comレストラン予約:コンテンポラリー・ダイニング クラウン(フランス料理)

■一休.comレストラン予約:オールデイ・ダイニング ブローニュ(ブッフェ)

ホテルナゴヤキャッスル
〒451-8551 名古屋市西区樋の口町3-19
TEL 052-521-2121
チェックイン15:00 チェックアウト12:00

PR

関連記事

-愛知県のホテル
-, , , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.