長崎県のホテル

JR九州ホテル長崎宿泊記「ダブルルーム」

更新日:

■2016年8月宿泊

Check In

「JR九州ホテル長崎」は駅に隣接する「アミュプラザ長崎」の上層階に位置しています。改札前に広がる「かもめ広場」のエスカレーターを上ればホテルのエントランスなので立地は抜群。

なお、「かもめ広場」はドーム状の屋根に覆われているので、駅からは雨の日でも濡れずにアクセスが可能です。

JR九州ホテル長崎_外観

もちろん、長崎空港行きのバスターミナルや市電の停留所もすぐそばにあります。

JR九州ホテル長崎_エントランス

当ホテルが2000年に開業してから15年以上経過していますが、2012年末にフルリニューアルしているため館内はとても綺麗で真新しいホテルのよう。

JR九州ホテル長崎_ロビー

コンパクトなロビーは木目を多用していて暖かみを感じられます。チェックインの手続きはスピーディーでしたが、半年前に宿泊したのに住所と電話番号を書かされるのはちょっと面倒。

宿泊代金は前払いで領収書はチェックアウト時に渡されるというビジネスホテルらしいオペレーションです。

JR九州ホテル長崎_エレベーターホール

客室階は6~10階に設置され、5階の連絡通路ではアミュプラザのレストラン街「アミュちゅうぼー」に接続しています。この連絡通路を使うにはルームキーが必要です。

JR九州ホテル長崎_エレベーターホール

エレベーターは2基でカゴの中はガラス張り。長崎駅から延びる線路の先には「ザ・ホテル長崎(旧ベストウェスタンプレミアホテル長崎)」がよく見えます。

JR九州ホテル長崎_廊下

客室は南北に真っ直ぐ並んでいます。

一休.com:JR九州ホテル長崎宿泊プラン

スポンサーリンク

absence

Room

JR九州ホテル長崎_ダブル

客室タイプはシンプルな構成で「シングル」、「ダブル」、「スタンダードツイン」、「デラックスツイン」、「バリアフリーツイン」の5種類のみ。全144室のうちシングルが114室を占め、ダブルルームは5室、スタンダードツインは10室しかありません。なお、デラックスツインはスタンダードツインよりも多い14室。このクラスのホテルにしては強気な価格設定で、スタンダードツインは満室でもデラックスツインの方は売れ残っていることが多いです。

今回利用したのは「ダブルルーム」。部屋の面積は21㎡で、天井高は2.4mとやや低い。室内のインテリアは落ち着いたブラウンで統一されていて、ベッド上の若草色がアクセントになっています。

その下部にはモザイクで作られたラインがあり、上部には中国格子柄に飾られているのがユニークです。そういえば、「ドーミーイン長崎」 でも中国格子が使われていました。

JR九州ホテル長崎_ダブル

クローゼットの扉は鏡張りで、ドアストッパーがあるため完全には閉まりません。中には消臭スプレーと使い捨てスリッパ、チェスト。セーフティボックスが用意されているのは「デラックスツイン」だけだそうです。

JR九州ホテル長崎_ダブル

テレビは三菱電機製の「REAL LCD-32B3」。

JR九州ホテル長崎_ダブル

ライティングデスクは横長型。デスクスタンドに加え、頭上にはシンプルなペンダントライトがあります。奥行きは55cmあり、机の上を片付ければワークスペースはそれなりに広い。

JR九州ホテル長崎_ダブル

冷蔵庫は空っぽ、ティーセットはインスタントコーヒーと煎茶のティーバッグです。

JR九州ホテル長崎_ダブル

デスクチェアと窓際のアームチェアは赤いストライプ柄。アームチェアは思いのほか座り心地が良かったです。これでオットマンがもしあればもっと快適なのに。

JR九州ホテル長崎_ダブル

JR九州ホテル長崎_ダブル

ベッドは160cmのシモンズ製マットレスで一安心。ナイトテーブルは両サイドにあり、コンセントもそれぞれに用意されています。また、レンタル品のアイロン台は大型サイズで使い勝手は良好です。

一休.com:JR九州ホテル長崎宿泊プラン

スポンサーリンク

absence

Bath Room

JR九州ホテル長崎_ダブル

バスルームはコンパクトなユニット。改装された割に下水の匂いがやや気になります。

タオルはバスタオルとフェイスタオルが2枚ずつで、ハンドタオルはありません。アメニティはJR九州ホテルズ共通の物。シャンプー類は資生堂の「THE AMENITY」が大ボトル。

JR九州ホテル長崎_ダブル

バスタブはヘチマ形で深さがあるのでまずまずの快適さ。シャワーの水圧も問題ありません。一方、シンクは小さくて私物を載せるスペースが狭くて不便。

一休.com:JR九州ホテル長崎宿泊プラン

View

JR九州ホテル長崎_ダブル

窓からの眺望は長崎市街地サイドと稲佐山サイドの2方面あり、今回の部屋は長崎市街地サイドでした。正面に見えるのは老舗の「ホテルニュー長崎」。低層階の部屋だったため、アミュプラザの屋根が視界の大半を占め、眺めは今ひとつ。

稲佐山サイドの方が開けているのでリクエストした方が良いと思います。カーテンの遮光性は残念ながら今ひとつで、端っこから光が漏れてしまいます。

JR九州ホテル長崎_ダブル

こちらは稲佐山方面側の眺め。はこちらの方が開けているので良いですね。

一休.com:JR九州ホテル長崎宿泊プラン

Impression

ビジネスホテルに求める「清潔さ、ベッドの快適さ、アクセスの良さ」はいずれもクリアしていると思います。なにせ駅前なので早朝の出発には最適です。長崎新地などの繁華街までは少し距離があるけれど、タクシーで初乗り+α程度なので許容範囲内でしょう。

何度か宿泊して気になったのは、上の階から聞こえるドンドンという足音。何らかの対策が必要じゃないでしょうか。

ただし、最近は「フォルツァ長崎」のように朝食が豪華だったり、「ドーミーイン長崎」のように大浴場があるなど付加価値がついたビジネスホテルが増えているので、「寝るだけ」以上のことを求められると分が悪いし、朝食会場がロイヤルホストというのも好き嫌いが分かれるところ。

ホテル宿泊記一覧

一休.com:JR九州ホテル長崎宿泊プラン

じゃらんnet:JR九州ホテル長崎宿泊プラン

【JTB】るるぶトラベル:JR九州ホテル長崎宿泊プラン

JR九州ホテル長崎
〒850-0058 長崎県長崎市尾上町1-1
TEL 095-832-8000 FAX 095-832-8001
チェックイン14:00、チェックアウト11:00

absence

absence

-長崎県のホテル
-, , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.