北海道のホテル

札幌パークホテル宿泊記「エグゼクティブフロア デラックスダブル」

更新日:

■2011年4月宿泊

Pubic Space

札幌パークホテル」は、さっぽろ駅から地下鉄南北線で3つ目の中島公園駅に隣接しています。あくまで「隣接」なので直結はしておらず、雨や雪の日は傘が必要になります。

札幌パーク_外観

建物の前は広大な駐車場。その脇に設けられたアプローチは長く、いかにもグランドホテル。徒歩でエントランスにたどり着くとドアマンは不在、たまたま居合わせた年配のスタッフが迎えてくれました。でも荷物を持ったりフロントまでの案内はありません。声掛けだけなら誰でもできますよねぇ。

札幌パーク_外観

札幌パーク_外観

中島公園から見る当ホテル。右側には「ホテルライフォート札幌」、左には「ホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌)」。

札幌パーク_エントランス

当ホテルは1964年開業なので建物の外観は非常に古めかしいけれど、ロビーは白を基調として綺麗に改装されています。

チェックインの手続きは簡素でドライな対応。予約した「エグゼクティブフロア」は驚きの全室喫煙のため、消臭対応をリクエストしていましたが、その件についての確認は一切なし。

また、代金の支払いがクレジットカードの場合はオーソリチェック、現金の場合は全額前払いになると告げられました。このクラスのホテルで前払いなのはとても残念です。

ちなみに、翌朝のチェックアウトも非常に事務的な対応で、明細書は裸で渡され、封筒には入れてくれませんでした。皇室御用達の老舗ホテルなので対応には期待していましたが、「ホテルオークラ札幌」や「JRタワーホテル日航札幌」に劣る印象です。

札幌パーク_エレベーターホール

札幌パーク_廊下

今回は10階のエグゼクティブフロア「Park in Park」を利用しました。このフロアのエレベーターホールにはセキュリティドアがあり、開けるにはルームキーが必要です。

■札幌パークホテルのお得な宿泊プランを探す■


Room

札幌パーク_デラックスダブル

部屋に入るとすぐにクローゼットとミニバーが置かれた狭いホワイエ。クローゼットに収納されている使い捨てスリッパは「シャングリ・ラ ホテル 東京」や「コンラッド東京」などと同じ厚手のフカフカタイプ。ミニバーにポットは無く、代わりにティファール製の電気ケトルが置かれています。

札幌パーク_冷蔵庫

エグゼクティブフロアの特典で冷蔵庫内のドリンクは全て無料。でも品揃えはあまりに貧弱でお得感は弱く、むしろ印象は良くない。

札幌パーク_デラックスダブル

室内は横長の造りで右側がリビングスペース、左側がベッドスペースになっています。白・オレンジ・淡いブラウンの三色を配していて、ちょっと古くさいけれど明るいデザインです。ただ、家具はそれぞれが孤立しすぎていてインテリアの一体感は感じません。

窓は二枚あるものの幅が狭くて開放感は今ひとつ。でも古い建物の割に天井は高いので圧迫感はありません。

札幌パーク_ソファ

リビングスペースには大きめのソファと四角いテーブル、それにアームチェアが一脚置かれてています。ソファの質感は高いとは言い難いけれど、ゆったりできてなかなか快適でした。

窓際にはVENTA社製の加湿空気清浄機が置かれていますが、空調は集中管理型で細かい温度調整はできません。

札幌パーク_テレビ

テレビはPanasonic製「VIERA TH-32LX65」。中国や韓国のテレビ番組を見られるのは観光客の多い土地柄でしょうか。その下には東芝製のDVDプレーヤー「SD-280J」。

札幌パーク_ライティングデスク

ライティングデスクは壁際に設置。ビジネスホテルのようなドレッサー兼用の横長タイプよりはずっと快適だけど、サイズは少し小振り。

札幌パーク_ベッド

ベッドは182cm幅のフランスベッド製マットレス。両サイドにあるナイトテーブルが小さくて使いづらかった。

客室係にアイロンの貸出を頼んだところ、持ってきてくれたオジサンはスーツの上着を脱いで腕まくり。不快では無いけれど、ホテルマンとしてどうなんでしょうか。

■札幌パークホテルのお得な宿泊プランを探す■


Bath Room

札幌パーク_シンク

バスルームはバスタブ・シンク・便座の3ピース同居型。シャワーブースはもちろんテレビやBGM設備も無く、鏡は曇り止め加工すらされておらず「エグゼクティブフロア」のバスルームとしてはかなりがっかり。

札幌パーク_バスタブ

それでもバスタブはゆったりサイズ。

札幌パーク_アメニティ

アメニティは充実しています。シャンプー類は「ロクシタン」で「リーフ&ボタニクス」のスキンケアセットもや2種類のバスソルト、バスローブも用意されています。

■札幌パークホテルのお得な宿泊プランを探す■


View

札幌パーク_眺望

「エグゼクティブフロア」で中島公園ビューの部屋は「プライズダブル」以上の4グレード。今回の部屋は逆サイドの市街地側。さっき歩いてきた駐車場やキリンビール園、遠くの札幌駅JRタワー、豊平側の対岸に「ルネッサンスサッポロホテル(現プレミアホテル-TSUBAKI-札幌)」を望む程度で残念ながら魅力に欠ける眺め。しかも階下の天井が視界を遮ります。

当ホテルに泊まるならば中島公園ビューの部屋を選択するのは必須です!

■札幌パークホテルのお得な宿泊プランを探す■


Club Lounge

札幌パーク_クラブラウンジ

ラウンジが設置されているのはエレベーターを降りてセキュリティドアを抜けてすぐのホール。仕切りはありません。

札幌パーク_ラウンジからの眺め

中島公園サイドなので窓から公園の池や藻岩山を一望できる素晴らしい眺め。

札幌パーク_クラブラウンジ

札幌パーク_クラブラウンジ

ゆったりとしたソファが数組置かれ、壁には当ホテルの歴史や訪れた有名人のパネルが飾られています。奥には10人ほどが入れる会議室もありました。

コンシェルジュデスクも設置されていますが、滞在中にスタッフを見かけるたことは一度もありませんでした。

ドリンクは完全セルフサービス(スタッフがいないのだから当たり前)。コーヒーと紅茶が数種類あるのみで、ソフトドリンクやアルコール類は置いていません。もちろん朝食やカクテルアワーといったフードプレゼンテーションもありません。

今回の滞在で最大のガッカリポイントはここ。これで「エグゼクティブラウンジ」と言えるのでしょうか?

■札幌パークホテルのお得な宿泊プランを探す■


Impression

当ホテルは系列の「札幌グランドホテル」と並び、札幌を代表する老舗ホテルです。立地はまずまずで、札幌駅からは少し離れますがススキノまでは徒歩圏内。

今回のエグゼクティブフロアはそれなりの快適さだったけれど、宿泊代金は高額だし、ラウンジにはがっかりでした。

ホテル宿泊記一覧

一休.com:札幌パークホテル宿泊プラン

一休.comレストラン予約:札幌なだ万雅殿(日本料理)

一休.comレストラン予約:ピアレ(イタリア料理)

一休.comレストラン予約:桃源郷(中国料理)

札幌パークホテル
〒064-8589 札幌市中央区南十条西3-1-1
TEL:011-511-3131
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

-北海道のホテル
-, , , , , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.