千葉県のホテル

ホテル ザ・マンハッタン宿泊記①「プラザスイート」

更新日:

【一休.com】お得なプランが満載!現在開催中のタイムセール

■2018年11月宿泊

Check  In

「ホテル ザ・マンハッタン」へはJR京葉線の海浜幕張駅から徒歩5分。三井アウトレットパーク幕張がある南口を出て幕張メッセ方面へ向かい、QVCスクエアの先を左に曲がってまっすぐ。

周囲にはホテルが数多く建ち並び、隣には「ホテルフランクス」と「ホテルグリーンタワー幕張」があります。

成田・羽田両空港へのリムジンバスも運行されていますが、周辺のホテル群を経由するので結構時間がかかります。

ザ・マンハッタン_外観

当ホテルは1991年に開業。三菱地所系のロイヤルパークホテルズに加盟していた時期もあったそうですが、現在は独立運営されており、札幌にある不動産会社の傘下になっています。

外観はとても個性的で数々の建築賞を受賞しています。ニューヨークのマンハッタン島に建つ高層建築と日本古来の五重の塔をイメージしているそうで、最上部はティアラのよう。

ザ・マンハッタン_外観

ホテルの周りには邸宅のような鉄柵が張り巡らされています。

マンハッタン_エントランス

メインエントランスはどっしりとした造り。到着したのは22時過ぎでしたがベルガールが待機しており、フロントまで案内してくれました。

マンハッタン_ロビー

バブル期に大金を投じて建てられたホテルだけに、館内はアールデコ調のゴージャスな造り。ホテルモントレグループのような「なんちゃって」感とは一線を画します。

マンハッタン_レセプション

チェックインの手続きは広間に設けられたレセプションデスクで行います。周囲にはチェアが数多く配置されていて、座って順番を待つことができます。なお、チェックアウトは帳場のようなカウンターで手続きを行うスタイル。

担当してくれた女性スタッフの対応は丁寧で気持ちが良いもの。温かいおしぼりが提供されたのも嬉しい。

予約していたのは「マンハッタンスタンダード・ツイン」(30㎡)でしたが、「プラザスイート」への有償アップグレード(+5,000円)を提案され、承諾してしまいました。

この時はすごいお得だと思ったのですが、調べてみると格安プランがバンバン出ていてさほどお得じゃ無かったというオチ。

翌朝の新聞リクエストは特に聞かれず、配られたのは読売新聞。ドア下の床に直置きされていたのは残念。

手続きが終わるとベルガールの案内で客室へ向かいます。その際、隣のレセプションテーブルにいた男性スタッフは全く反応なし。自分の担当ではないにせよ「ごゆっくりどうぞ」などの声掛けが一言あっても良いのでは?思います。

エレベーターホールは建物の奥に造られ、そこに向かう道すがらも総大理石張りで天井が高い。

マンハッタン_ロビー

途中には高価そうな食器が展示されているコーナーがありました。

マンハッタン_エレベーターホール

エレベーターは4基。ルームキーを差し込むスロットは現在未使用のよう。カゴの中の階数表示板はレトロなデザイン。

マンハッタン_エレベーターホール

ロビーが大理石をふんだんにつかっているのに対し、客室階のエレベーターホールや廊下は花柄で毛足の長いカーペット。照度はかなり控えめ。

マンハッタン_夜景

エレベーターホールの窓からは幕張海浜公園越しにマンション群を望みます。

マンハッタン_廊下
建物の一部は半円形なので、当該部分の廊下もぐるりと回り込んでいます。

■一休.com:ホテルザ・マンハッタン宿泊プラン■

Living Room

マンハッタン_プラザスイート

客室は8階から20階に設けられ、全130室。アサインされたのは17階。エレベーターホールを出てすぐの位置にありますが、稼働音が気になることはありませんでした。

このプラザスイートの面積は70㎡。リビングルーム・ベッドルーム・バスルームがほぼ均等に3分割されている造り。

マンハッタン_プラザスイート

ドアを開けると3.2㎡のホワイエ。内扉はありませんが、装飾が凝っていますね。

マンハッタン_プラザスイート

右側には広々としたシンクがついたゲスト用トイレで。この床とバスルームの床も大理石ですが、一部に三角形の異なる石を貼ってアクセントをつけています。

マンハッタン_プラザスイート

リビングルームの天井高は2.8m。キャンドル型のライトは調光可能です。

一方の辺にソファ、窓際にアームチェアが2脚置かれていて、ニュース番組でよく見かける「閣僚応接室」のような配置。着座すると相手まで距離があるため会話が弾みにくそう。

アームチェアは年季が入ったものですが、きちんとメンテナンスされていて綺麗。ただ、この椅子に座っているとオットマンが欲しくなります。

マンハッタン_プラザスイート

壁に掛けられたテレビは東芝製「REGZA 40A8000」。角度を変えることはできません。

マンハッタン_プラザスイート

ソファはクラシカルなデザインで、座り心地は柔らかい。脇のテーブルには立体的な装飾が施されたオリエンタルな壺型スタンド。

壁のアートはVogueをモチーフにした現代的もので、クラシカルなこの部屋とはミスマッチに感じます。

アントレックス社製の空気清浄機は非力すぎて役立たず。

マンハッタン_プラザスイート

ホワイエの隣には小部屋があり、「ホテル椿山荘東京」の和風タイプや「アグネス ホテル アンド アパートメンツ東京」と同じように小さなシンクが備えられています。蛇口は金メッキ。

無料のお茶は、お〜いお茶の緑茶とほうじ茶の2種類のみ。

マンハッタン_プラザスイート

インスタントコーヒーは冷蔵庫の中にあり、有料。

マンハッタン_プラザスイート

ミニバーの対面はがらんとしたスペース。高い位置にコンセントがあるので、以前は冷蔵庫か洗濯機があったのでしょうか?

■一休.com:ホテルザ・マンハッタン宿泊プラン■

Bed Room

マンハッタン_プラザスイート

上品なインテリアなベッドルームの天井高は2.46mと少し低い。全て塗り壁で、壁と天井のつなぎ目付近は飾りがついています。

エアコンは個別空調ではあるものの、温度設定はライティングデスク近く、風量設定はナイトテーブルのコントロールパネルと離れていて使い勝手が悪く、効きも今ひとつ。

マンハッタン_プラザスイート

部屋の入り口付近にはアームチェアとコーヒーテーブルが置かれていますが、少し邪魔になっているので、無くても良いと思います。

マンハッタン_プラザスイート

ライティングデスクは独立型でバスルーム側の壁に向けて設置。目の前に鏡が無いのは嬉しい。ただ、この部屋ではなく、スペースに余裕があるリビングルームに置いた方が良いと思います。

サイズは幅105cm×奥行き約54cmと少しコンパクト。「ザ・リッツ・カールトン大阪」と同じく、天板にはガラスがはめ込まれています。

デスクスタンドは非力な上に、台座部分が大きくて余計なスペースをとっています。ハードワークが必要な時は貸し出し品のデスクライトを使用した方が良いでしょう。

花柄のデスクチェアは肘掛け付き。ビジネス仕様ではないけれど、座り心地はなかなか良い。

マンハッタン_プラザスイート

この部屋のテレビは東芝製「REGZA 32C7000」。下にはパイオニア製Blu-rayプレーヤー「BDP-3140」。

マンハッタン_プラザスイート

引き出しは3段で、最下段にはパジャマを収納。ワンピースタイプなのは少し残念だけど肌触りは優しい。

クローゼットの扉はフレンチドア。中にはズボンプレッサー、セーフティボックス、チェスト。ハンガーはたったの4本。

マンハッタン_プラザスイート

ベッドは110cm幅の日本ベッド製「NOBLS POCKET」。結構古いモデルなのか、寝心地は同社のシルキーポケットに比べると格段に劣ります。

ナイトテーブルは中央に1台。コンセントは無い…っと思ったら、下部の扉を開けると後付けのOAタップがありました。

ルームサービスの朝食は6:30〜10:30。「コンチネンタルブレックファースト」(1,620円)と「アメリカンブレックファースト(2,700円)の2種類で和朝食は無し。

夕食は17:30〜24:00。ただし、22時以降は深夜メニュー。料金設定は比較的リーズナブルで、一番高いものでも「おりじん特製弁当」と「牛ステーキプラッター」の3,240円。

■一休.com:ホテルザ・マンハッタン宿泊プラン■

Bath Room

マンハッタン_プラザスイート

ライティングデスク脇の扉を開けると一段高くなったバスルーム。

床・壁ともに大理石張りの真っ白なバスルームで、めちゃくちゃ広い。こんなに広くしなくてもと思うくらい広い。その割にテレビやオーディオ機能は無い。

バスタブ上はくりぬいたように天井が高くなっていて、最高部で2.7m。ダウンライトは調光可能。

窓は幅2.68m×高さ1.5mの大きなもの。近隣の建物から見えてしまうのでレースのローマンシェードつき。なお、こうしたビューバスでは、どうしても室内が寒いので要注意。

マンハッタン_プラザスイート

バスルームの入り口付近にはグリーンにペイントされた三面鏡を備えるドレッサーが置かれています。

マンハッタン_プラザスイート

シンクはダブルシンクで広々としていて私物を置くスペースも十分。鏡もジャイアントサイズで、両脇には「帝国ホテル東京」みたいなレトロなライトがあって、とても明るい。

シンク上に置かれているのはハンドソープではなく、なぜか資生堂製のボディソープ。

マンハッタン_プラザスイート

アメニティは充実していて、バブルバスと「PHYTO AND ROSE」の基礎化粧品あり。確かに、このバスルームには「バスクリン」や「日本の名湯」シリーズよりバブルバスが似合います。

シャンプー類はロクシタンのSHリッチシリーズ。シャンプーはやや泡立ちにくい。

マンハッタン_プラザスイート

バスタブはステップを上がったところに。大理石は濡れると非常に滑りやすいので、昇降は十分に注意が必要です。

マンハッタン_プラザスイート

ヘチマ型の大型サイズでジャグジー付き。

マンハッタン_プラザスイート

バスタブ脇にはこのような注意書きがあり、ベルガールからも案内がありました。

マンハッタン_プラザスイート

シンク奥にはもう一つのトイレとシャワーブース。シャワーブースは「横浜ロイヤルパークホテル」のそれと同じくらい広い。

シャワーはハンドシャワー、上部の固定シャワーに加え、左右4カ所のボディシャワーが完備されています。旧式な印象は否めないものの、気持ちが良いし、冷えた体を素早くあたためることができます。ただし、当然に出だしは冷水なので要注意。

このシャワーブースはバスタブから離れているため、バスマットは5枚も用意されています。

■一休.com:ホテルザ・マンハッタン宿泊プラン■

View

マンハッタン_プラザスイート

窓はリビングルーム、ベッドルーム、バスルームにそれぞれあり、向きは同じ幕張メッセ方面。

リビングルームのそれは幅2.9m×1.6m。カーテンバランスが取り付けられていてゴージャスではあるものの、レースは黄ばみ、ドレープも色あせており経年劣化を感じます。

マンハッタン_プラザスイート

左を見れば「ホテルニューオータニ幕張」と「アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉(旧「幕張プリンスホテル」)」という大規模ホテルが並びます。その間にはZOZOマリンスタジアム。

マンハッタン_プラザスイート

こちらは海浜幕張駅方面。

マンハッタン_プラザスイート

夜景は寂しい。なお、リビングルームとベッドルームのカーテンは電動コントロール。

■一休.com:ホテルザ・マンハッタン宿泊プラン■

Impression

バブル期に建てられた豪華な建物。それなりに経年劣化は感じるものの、カーテンを除けばメンテナンスは良好。「リーガロイヤルホテル東京」や「ホテル西洋銀座」(閉館)などに比べれば立派なもの。

スタッフはフロント、ベルと若い女性スタッフが多く、笑顔が気持ち良い。

ただし、禁煙化はかなり遅れていてダブルベッドの部屋はまだまだ喫煙室が大半。この点は改善を求めたいところ。

■一休.com:ホテル ザ・マンハッタン宿泊プラン

■ホテル ザ・マンハッタン宿泊記②

■一休.comレストラン予約:マンハッタン・ダイニング ベラ・ルーサ(フランス料理)

■トリップアドバイザー:ホテル ザ・マンハッタン【口コミを参考に、料金を比較して予約】

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村


旅館・ホテルランキング

ホテル ザ・マンハッタン
〒261-0021 千葉市美浜区ひび野2-10-1
TEL:043-275-1111
チェックイン15:00 チェックアウト12:00

PR

関連記事

【一休.com】お得なプランが満載!現在開催中のタイムセール

-千葉県のホテル
-, , , , , , , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2019 All Rights Reserved.