東京都のホテル

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊記③「レギュラーフロア リバービュー・スーペリアダブル」

更新日:

■2014年10月宿泊

Check In

館内のリノベーションが続く「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」。2012年に「クラシックフロア」、「レギュラーフロア」、「クラブインターコンチネンタルフロア」の3フロア構成になりましたが、またもや変更があったようです。

クラシックフロアとレギュラーフロアを再統合し、うち18~19階を「エグゼクティブフロア」として独立。このエグゼクティブフロアは客室が大幅に改装されると共に、料金には「シェフズライブキッチン」の朝食が含まれています。しかし、20階のクラブラウンジは利用できない中間カテゴリーです。

部屋からの眺望カテゴリーも変更があり、ベイビューは「レインボーブリッジビュー」に改称され、新たに「東京タワービュー」が追加されました。また、前回の変更時に新設された「スカイツリービュー」に属するのは先端のビューバスルームだけになり、他の部屋は以前のリバービューに戻されたようです。

この日、エントランスを抜け、金屏風に違和感をいまだ拭えないままフロントにたどり着くと、おしぼりが供されました。汗をかくような時季ではないけれど嬉しいですね。同じIHG・ANA系で同オーナーの「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で以前から実施されていたサービスを当ホテルでも取り入れたのでしょうか。

チェックインの手続きをしてくれたのは研修生バッジを付けた女性スタッフ。柔らかい言葉遣いで好印象です。通常、チェックイン時にはクレジットカードのオーソリチェックを行いますが、前払いも可能。その場合はフロントに内線で連絡をすればそのまま立ち寄ること無くチェックアウト可とのこと。「ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC」と同じサービスですね。

4基あるエレベーターは相変わらずスピードが遅い。カゴの中にはフロアカテゴリーを示すパネルがやたらと貼られ、さらにクラブフロア用のカードスロットが追加されてゴチャゴチャしている印象を受けます。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

スポンサーリンク

absence

Room

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

今回の部屋はレギュラーフロア15階の「スーペリアダブル」。このタイプは2014年2月にリニューアルされていますが、派手になったクラブインターコンチネンタルフロアやエグゼクティブフロアとは異なり、あまり変わった印象はありません。

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

クローゼット中の壁紙は劣化が激しいのでさすがに改修が必要だと思います。

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

テレビが載っているキャビネットや大型のライティングデスクも慣れ親しんだものだし、キャビネット付近が暗いのも相変わらず。

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

窓側にはゆったりとした一人掛けのソファ。オットマンつきで快適だけど、いかんせんデザインには時代を感じます。なお、ツインルームの場合、オットマンは無く、アームチェア×2に変わります。

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

この部屋でリノベーションされたことを唯一実感できるのがベッド。使われているのは当ホテルの経営母体であるベストブライダルがシーリーと共同開発した「BEST SLEEP」。31cmもの厚みがあってどっしりとした弾力を感じられるマットレスです。

ただ、シーツの滑らかさが今ひとつなのは惜しい。ナイトテーブルは両サイドに。コンセントが無い上に床にはコードが剥き出しです。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

スポンサーリンク

absence

Bath Room

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

バスルームもベッドルーム同様に変化は見られません。深さのある大型のバスタブも健在で非常に快適です。「グランドハイアット東京」のような洗い場付きタイプを除けば、最も快適なバスルームの一つですね。

クラブフロアとは異なり、バスローブやバスピローは無いものの、バスソルトが用意されているのは嬉しいポイント。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

View

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

インターコンチネンタル東京ベイ_スーペリアダブル

今回の部屋は「リバービュー」。隅田川を川下から望む美しい眺めで、「大川端リバーシティ21」を中心とするタワーマンション夜景も綺麗です。一番手前に見える橋は、築地市場の閉鎖後に開通予定の環状二号線「築地大橋」です。

この部屋は旧カテゴリだと「スカイツリービュー」に属するため、東京スカイツリーをかなりクリアに見ることができます。なお、この写真は2014年のものですが、現在は勝どき・月島エリアにタワーマンションがさらに増えています。

■一休.com ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊プラン■

スポンサーリンク

absence

Impression

なんだかんだ言って、利用機会が多い当ホテル。さすがに古さは隠せなくなっているけれど、クラブインターコンチネンタルフロアやエグゼクティブフロアのような派手さは好きになれません。できれば「インターコンチネンタルホテル大阪」のようにナチュラルなテイストでの改装を期待したい。

ホテル宿泊記一覧

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ宿泊記①

一休.com:ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 宿泊プラン

じゃらんnet:ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 宿泊プラン

【JTB】るるぶトラベル:ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 宿泊プラン

一休.comレストラン予約:ラ・プロヴァンス(フランス料理)

一休.comレストラン予約:分とく山(日本料理)

一休.comレストラン予約:シェフズ ライブ キッチン(ビュッフェ)

一休.comレストラン予約:鉄板焼 匠(鉄板焼)

一休.comレストラン予約:イタリアン ダイニング ジリオン(イタリアン)

一休.comレストラン予約:レインボーブリッジビューダイニング&シャンパンバー マンハッタン(フランス料理)

一休.comレストラン予約:東京ベイナイトバー スカイビューラウンジ(ラウンジ)

一休.comレストラン予約:緑と海のビアガーデン(ビアガーデン)

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
〒105-8576 東京都港区海岸1-16-2
TEL 03-5404-2222 FAX 03-5404-2111
チェックイン15:00 チェックアウト12:00

absence

absence

-東京都のホテル
-, , ,

Copyright© 高級ホテル乱泊記 , 2018 All Rights Reserved.